クリスマスは一緒に 2

ショートストーリー クリスマスは一緒に 2

「本当にいいのか?」

「ああ、今年の東北出張は俺が行くから安心しろ」

毎年この時期にある東北への出張は、クリスマスを挟んだ5日間。

当然、家族や彼女のいる奴はもちろん、特に予定のない奴だって、
雪ばかりでイルミネーションもないような田舎には行きたがらない。

誰が行くかはくじ引きで決めるのが常だった。

だが、今年は、俺が自分から行くと言いだしたので、
部内にざわめきが起こった。

こちらに居れば彼女に会いたくなるし、
会わなくても電話してしまいそうだ。

だが、あの田舎なら、携帯の電波さえ、まともに入らないだろう。

俺の彼女は、自分のことを、平凡でつまらない女だと思っているようだが、
もちろん、そうじゃない。

取引先の業務部にいる彼女のことを狙っていた男は、
この部署だけでも4人いた。

いや、今だって、諦めていない奴がいるかもしれない。

もちろん、俺もそのうちのひとりだったし、あいつもそうだった。

話が急展開したのは、夏の暑さがようやくひいた9月最後の週末。
あいつと二人で飲みすぎて、どちらも彼女に本気だということがわかった。

男らしく正々堂々と戦おうじゃないかと誓いあって、
どちらが先に告白するかを、じゃんけんで決めた。

あんなに真剣にじゃんけんしたのは、
ビックリマンチョコのレアシールを、誰が貰うかで争った
小学校のとき以来だった。

先に告白する権利を得たのは、俺の方。
そして、彼女の争奪戦に勝ったのも、俺だった。

あいつは、告白するチャンスさえ失くして、
彼女のことはきっぱり諦めると言った。

ただし、俺たちはこんな約束もしていた。

例えどちらが勝ったとしても、
相手に敬意を表して、今年のクリスマスはひとりで過ごすこと。

簡単な約束だ、とその時は思った。

だが、彼女と付き合い始めると、ふたりで迎えるはじめてのクリスマスを
彼女がどれほど楽しみにしているのかが分かって、約束を後悔した。

泣きながら「来年……」なんて言い出したときには、
すぐに抱きしめて「冗談だ」と言い、
約束なんて忘れたふりをしようかと思った。

それでも俺は平静を装い、彼女を抱きしめるのも我慢して、
「来年のクリスマスはどんなことがあっても一緒に過ごそう」
と誓った。

「来年……来年……くそぉ、早く来年にならないかなぁ」

雪の他には何も見えない窓の外を眺めながら、
うわごとのように「来年」を繰り返す。

笑えるくらいに何もない田舎での5日間は、
精神修行になるのではないかと思う。

「来年は彼女と過ごすぞぉ!! 」

ひとりっきりの事務室で、天上を向いて叫んだ。

このショートストーリーを掲載のウオッチコレメールマガジン「ブリリアントタイム」は、隔週金曜配信中です。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る