クリスマスは一緒に 3

ショートストーリー クリスマスは一緒に3

「うそだろ?……」

茫然と立ち尽くすアイツに、皆があわれみの表情を向ける。

「おまえ、ついてねぇな」

ポンと肩を叩いた先輩は、自分が行かなくて済む安堵でにやついている。

「悪いな」「申し訳ない」「よろしく頼む」

次々に声をかけられながら、アイツはン千万の商談がポシャリそうに
なった時よりもっと困った顔をしていた。

「俺が代わりに行ってやるよ」

そう声をかけると、口をあんぐりとあけて驚いている。

そりゃあ、そうだろう。オレだって、秋に結婚したばかりの新婚で、
カミさんの腹には子どもがいる。

身重の妻が、知り合いも少ない東京で初めて迎えるクリスマスだというのに、
旦那が5日間も留守にするなんてありえない。と普通なら思うだろう。

しかし、アイツだって、去年は付き合いたての彼女を置いて、
ひとりで雪の田舎にこもるという、あり得ないクリスマスを過ごした。

俺はフラれることを承知で沈んでいる彼女を食事に誘い、
案の定見事玉砕して、ひとりでヤケ酒を飲んだおかげで、
今のカミさんと知り合った。

世の中、何が幸いするかわからないものだ。

馬鹿正直なアイツは、まだ、彼女にプロポーズさえしていない。

アイツのことだから、どうせ今年のクリスマスに……
なんて考えていたのだろう。

そのクリスマスを、また、東北の雪ン中で過ごすことになった。
なんてなったら、彼女だって、もう待っていてはくれないかもしれない。

「オレが行くからいいよ。オマエの代わりだって言ったら、
カミさんだって納得せざるを得ないだろうし、大丈夫だよ」

アイツの顔に少しずつ表情が戻ってくる。

「本当にいいのか?」

「ああ、いいよ」

「雪の他には何もないぞ」

「そうらしいな」

「もし、おまえのいない間に奥さんに何かあったらどうするんだ?」

「その時はオマエがなんとかしてくれよ」

「そ、そうだな……。ありがとう!恩に着るよ!」

今頃アイツは、彼女に指輪を渡しているだろうか。

奮発して予約した店からは、イブの夜冬の花火が見えるらしい。

シャンパンと花火と彼女の笑顔……
お膳立てはバッチリだから、きっとうまくいくだろう。

「ほっんと、すごい雪!それに、誰もいないし、何にもない所ね」

「ちょうどいいじゃないか、仕事中にこんなことができるんだから」

オレは窓の外を眺めるカミさんを抱き寄せてキスをした。

代わってやるとは言ったけど、誰もひとりで来るとは言ってない。

雪に閉ざされた田舎の事務所で、5日間の電話番。

かかってくるかこないかもわからない数本の電話のために、
本社が毎年人をやるのは、ここにかかってくる電話を発端に
大きな商売が始まったことが、一度や二度じゃないからだ。

携帯電話の電波もとどかないような場所で、
雪景色だけを見ながら、ひたすら電話を待つだけの事務所。

ひとりなら監獄だ。

でも、新婚のカミさんと一緒なら……

「いやン、ダメよ、あっ……」


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る