ターコイズブルー

こういうのをグループデート、といでもいうのだろうか。

先週末、ふうこが初めて出席した合コンで、息投合した男の子たちと休日
にドライブをすることが決まった。

男3人、女4人。

数があっていないのが気になる。

ふうこは、4人の中で一番地味で目立たない。

男の子たちが運転する3台の車の中で、自分だけが

後部座席に座っているところを想像して、少し憂鬱になった。

でも、約束してしまったのだから仕方ない。

母は、これまでデートなんてしたことの無い私の報告にとても喜んでいるし、

当日のドタキャンは良くないと思うし、

それに、やっぱり、あの高司くんともう一度会えるのは嬉しい。

後部座席でも充分ではないか。

「行ってきます」

心を決めて玄関を出ようとしたふうこを母が呼び止めた。

「せっかく男の子達とドライブに行くっていうのに、

そんなに地味な格好じゃいけないわ!せめてこれを着けて行きなさい」

母が強引に手渡したのは、鮮やかなターコイズのネックレス。

「こんな色のを着けるの?」

「私が若い頃使ってたものよ、あなたにもきっと似合うはずだから。

それにね、ターコイズの宝石言葉は“希望”っていうの、

お守りだと思ってしていきなさい」

「希望……か」

ふうこは少し気後れしながらもそのネックレスを着けて出かけた。

明るく可愛い女の子たちと、お喋り上手な男の子たちのおかげで、

ドライブは楽しかった。

ふうこが乗ったのは、あの、高司くんの車だったし。

もちろん、後部座席だったけれど。

陽が傾き始めた頃、ふうこたちの車は川沿いの道を走っていた。

川岸に咲いた菜の花の絨毯があまりに綺麗たったものだから、

ふうこは思わず小さな声をあげた。

「わあ、綺麗!」

「少し、降りてみる?」

高司くんがそう言って、他の車に合図をすると、車を止めて皆で川岸に降りた。

夕日で染まったコーラルオレンジの空を背景に、

黄色い菜の花がどこまでも広がっている。

目を輝かせて景色を見ながら、綺麗な色を吸い込むみたいに

大きく深呼吸したふうこの耳元で、高司君が囁いた。

「君の携帯番号教えてくれないかな?今度は二人だけで会いたいんだ」

「え?」

驚いて振り返ったふうこの胸元で、鮮やかなターコイズブルーがキラリと光った。

関連記事

  1. 時計 ―第2幕―

  2. ショートストーリー「死んでる場合じゃない」

    死んでる場合じゃない

  3. ショートストーリー 天使のみちくさ

    天使のみちくさ

  4. 評判の嫁

  5. 新しい指輪

  6. ライバル

  7. タイムマシン (全3回 第1話)

  8. ショートストーリー サンタクロース

    サンタクロース

  9. 面接シュミレーション

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ほんとによかったなあ、そんな気持ちになりました。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは、think+!です。
    いいですね!
    ターコイズブルーのきらめきが浮かびました!
    ありがとうございます。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >山奥のクマさん
    私も自分で書きながらそういう気持ちになってました。登場人物につい、感情移入しちゃうんです。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >think+!さん
    ありがとうございます!輝きや美しい色が浮かぶお話、目指しています。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    超 いい話し\(^o^)/
    良かったねぇー!♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP