注目の記事 PICK UP!

ダイヤモンドメモリー

フフフンフン~♪

カレンダーをめくりながら、無意識にバースデイソングを

ハミングしている自分に気づいて、可奈はとても驚いた。

今日は、カレのバースデイ。

いえ、元カレのバースデイ。

散々悩んで、考えて、カレとさよならをした日から3ヶ月。

カレのことをキッパリ忘れて、カレと出会う前の自分を取り戻すために、
思い出の品は全部捨てて、携帯を替えて、新しい習い事をはじめた。

たくさん努力した3ヶ月の間に、仕事も忙しくなって、

少し痩せて、新しい男友達が出来て、もう大丈夫なはずだったのに……。

つい口づさんでしまったバースデイソングで、

自分の心の深いところにまだカレが居ることに気づかされた。

一旦開けてしまった思い出の扉は、すぐには閉じることができなくて、

カレと過ごした時間の記憶が次々と溢れ出した。

カレの少し照れた笑顔。

ゆっくりと話す優しい声。

メールし合ったたくさんの言葉。

肩にまわされた暖かな手。

そして……

初めて抱き合った夜に見た夜景。

そう、あの特別な夜に見た、きらきらと煌く

まるで、ダイヤモンドのようだった夜景。

……あっ。

いつしか涙ぐんでいた可奈は、あの夜のきらめきと

重なった肌のぬくもりを思い出しながら、大切なことに気がついた。

無理に忘れようとする必要なんてなかったんだ!

カレのことは、思い出したいだけ思い出せばよかったんだ!

例え終わった恋であっても、カレと過ごしたたくさんの時間は、

可奈にとってどれも、煌くダイヤモンドのように素晴しい思い出なのだから。

「ハッピバスデートゥーユ~♪」

可奈は涙を指で拭って、バースデイソングの続きを、

今度はしっかりと声に出して歌った。

関連記事

  1. ショートストーリー パパの後悔

    パパの後悔

  2. 笑う男

  3. 心配

  4. ショートストーリー タクシー運転手

    タクシー運転手

  5. 川に降る星後編

    川に降る星(後篇)

  6. ショートストーリー 未来の皆さんへ

    未来のみなさんへ

  7. あわてんぼう

    あわてんぼう

  8. 呼び出す女

  9. お誕生日おめでとう!

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ペタありがとうございます!とても嬉しいです☆
    返しに参りますのが大変遅くなりまして、申し訳ないです。
    もしよろしければ、また読みにいらして下さいね!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ラストはほっとする展開ですね~ 

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >白永洲クジラさん
    はい、また読みにうかがいますね。^^

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >シェルトンさん
    ですよね。^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP