予告


明日のことが分かればいいのに……

そう思ったことのある人は少なくないだろう。

彼も、以前はよくそう考えたものだった。

けれど、今は……。

ピピピピピピピピピピピピピピピピ……

眠りにつこうとする彼の耳元で、電子音が鳴り響いている。

「うるさいっ!分かったよ、読めばいいんだろう?」

彼は携帯を乱暴に取り上げると、ファンクションキーを押した。

画面には、彼の明日の予定が細かく記されている。

いや、正確には予定などではなく、明日の出来事が記されているのだ。

ある日、突然届くようになった予告メールで、彼の生活は一変した。

もちろん、彼は、最初、このメールを歓迎した。

明日の出来事が前もってわかるのだから、いろいろとメリットもあったし、
場合によっては、金儲けをすることだって出来た。

けれど、彼はすぐにこのメールにうんざりし始めた。

予告に記されていることは、いいことばかりとは限らないのだ。

しかも、完全な決定事項で、絶対に避けることができない。

すぐに彼は、予告を見るのが嫌になった。

携帯を遠くに捨ててみたり、叩き壊してみたりしたが、

夜にはなぜか元通りになって、彼の枕元にあった。

予告を読むのを拒否してもみたが、彼がそれを読み終えるまで、

不愉快な電子音が鳴り響き、一睡もすることができなかった。

根負けして読んだ予告には、寝不足で居眠り運転をし、

軽い接触事故を起こすという事実が記載されていた。

ピピピピピピピピピピピピピピピピ……

今夜も耳障りな電子音が鳴り響いている。

明日のことが分かればいいのに……。

そう思えた過去を、彼は懐かしく思い出す。

何が起こるかわからないからこそ希望に満ちている“明日”という日が、
自分には決してこないことを、とても寂しく感じながら……。


関連記事

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    初です。楽しい~
    なんだかワクワク…
    また遊びに行かせてください!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    Harukaさんやっぱ天才です・・!!超共感&感動です。明日は、わからないから希望を持てるんですよね!これでいいのだ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >ゆっこさん
    ありがとうございます!ぜひ、また遊びにいらしてくださいね。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >ブッキーさん
    うれしいです!は、明日はわからないから、そして明日は自分でつくれるから希望が持てますよね。^^ブッキーさんのためのストーリー今練ってます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る