事情

ショートストーリー「事情」

SF映画や小説によく登場する「タイムマシーン」はご存知ですよね?

では、「タイムマシーンはすでに実在している」と言ったら驚くでしょうか?

まだ知っている人は少ないのですが、「タイムマシーン」は今やその理論が確立され、
製造され、すでに実在しているのです。

驚くべきことですが、意外なほど低いコストで製造、運転できるのだそうです。
あなたは、真冬に桜が咲いたり、晩春に雪が降ったりするのを不思議に思ったことはありませんか?

実は、気候の異常やおかしな自然現象は、
すべて、タイムマシーンで誰かが時間移動した影響なんです。

最近頻発している、台風、地震、津波なども、
多用されるようになったタイムマシーンの影響です。

時間軸を無理やりねじ曲げてマシンが移動するのですから、
少々のひずみが出るのは止むを得ません。

そして、現在タイムマシーンを利用しているのは、
やはり、お金や権力を持っている人たちです。

特に、政治家と呼ばれる人が、過去の悪事を粉飾したり、
大女優と呼ばれる人が売れない頃の過ち隠すために利用していることが多いようです。

そういえば、ここのところは、実業家と呼ばれる人たちが、
その力を維持するために、使うこともあるようです。

ただし、現在使われているタイムマシーンには、大きな問題がひとつあります。

それは、タイムマシーンが、1回限りの使い捨てであること。

設定した過去や未来には間違いなく行くことが出来るのですが、
マシーンもその中に乗った人も、決して戻ってくることができません。

マシーンや中に乗った人がその後どうなってしまうのかも、今のところ不明です。

ですから、タイムマシーンを使えるのは、ある程度信頼して用事を言いつけることができて、
突然いなくなっても構わない人物を、自由に使えるような地位にいる人間だけなのです。

せっかく制作が可能になったタイムマシーンですが、
そういうような事情があるため、なかなか一般にまで普及しないのが残念です。

 

このショートストーリーを掲載のウオッチコレメールマガジン「ブリリアントタイム」は、隔週金曜配信中です♪


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る