夜想曲


住宅地を抜けると、さっきまでの風景が嘘のように閑散とした景色が広がっている。

まるで、次元の違う世界に来てしまったような錯覚さえ覚える。

いつものところに車を止めさせると、後部座席から降りてあの窓がよく見える場所に立った。

薄闇にかかる空を背景に聴こえてくるのは、ショパンの夜想曲。

開いた窓にかかるレースのカーテン越しに、歌うような旋律を紡ぎ出す彼女の白い指先が見える。

繊細なピアニシモがよく似合う、細く長い指。

私は、その白く細い指を初めて目にした時、これまで感じたことのない感情に襲われた。

有り体に言えば、一瞬で恋に落ちてしまったのだ。

もちろんこれまでに恋をしたことが無かったわけではない。

むしろ、女性に不自由したことは無いといった方が良いだろう。

それでも、わが身のコントロールを失うほどの感情に苦悩したことは、一度としてなかった。

それが、今の私ときたら、光に吸い寄せられる虫のように、あの指が奏でる調べに誘われて、毎夕あの窓を見詰めている。

いつだって仕事を優先してきた私が、ただ、ピアノを弾く彼女の指先を見るためだけに、毎日時間を作っているのだ。
自分でも自

分の行動が信じられないし、人に話せば気が狂ったと思われるかもしれない。

甘い旋律に身を委ねていると、優しく絡む絶妙な装飾音に体を愛撫されているような気分になる。
誘うように、じらすように、癒すように響くピアノの調べ。

言いようの無い快感と疼きが同時に湧き上がってくる。

コーダが宝石のように煌くと、彼女の指がピアノから離れた。

私はようやく我に返った。

あの白い指を私だけのものにしたい……

もっと間近であの旋律を聴き、夢のように踊る指先を見詰めたい。

高ぶる感情は、日を追う毎に増していって、大切な会議の最中にまで、白い指の幻影を見るようになった。

私は彼女にプロポーズをする決心をした。

宝石店で美しいダイヤの指輪を買った。

一点の曇りもなく透明で清楚な輝きを放つこの石は、彼女の白い指によく似合うはずだ。

私の贈った指輪をつけて鍵盤の上を踊る指先を想像すると、喜びに胸が震えた。

いつものように車を待たせ、真っ直ぐに彼女の元へと向った。

いつも佇んでいた場所を抜け、彼女の家の玄関へと進む。

呼び鈴を押すと、ピアノの音が止まった。

招き入れる声に従い、ドアの内に入る。

初めてレースに遮られることなく見た彼女の容姿は、想像を遥かに超えて美しかった。

彼女は、まるで、私が訪ねて来ることを予期してでもいたかのように、穏やかな表情で微笑んだ。

そして、あの旋律と同じくらい優雅な身のこなしで、私を二階へと促した。

衣擦れする長いスカートの裾を追って階段を上がっていくと、ドアの開いた部屋の窓辺には、いつも見ていたあのピアノが置かれていた。

音もなく椅子に座った彼女は、私の方を振り返ると少し微笑んで、夜想曲を奏で始めた。

手を伸ばせば届くところで、彼女の白い指が踊っている。

心地よい旋律に絡めとられて、体が溶けていくような感覚に陥る。

彼女の指が止まったとき、ようやく心を取り戻した私は、急いで指輪の箱を取り出した。

壊れてしまいそうなほど細い指をそっと掴み、ダイヤの指輪をはめながら、当然のようにプロポーズをした。

「結婚して欲しい。これからずっと、私の傍でピアノを弾いていて欲しい」

「ずっと、聴いていてくれるの?」

「もちろんだ。もう離れたくない」

「嬉しいわ」

彼女はにっこりと微笑むと、ダイヤの指輪がピッタリと似合った指を、また鍵盤の上に戻した。

白い指を優しく撫でながら、彼女の唇を奪った。

愛撫する手を指先から腕へ、腕から肩へとゆっくりずらすと、彼女がいつもの旋律を奏で始めた。

滑らかな肌を辿って、私の手が体を滑ると、美しい旋律に彼女の吐息が重なった。

鍵盤の上を細やかに震える彼女の指先と一緒に、ダイヤの光が揺れている。

羽根で皮膚を撫でるようなピアニッシモに陶酔しながら、私の手は彼女の胸から臍へと下りていった。

めくるめく快感の中で、美しい旋律の繰り返しと、優雅に踊る白い指だけが、私に理解できる全てになった。

滑らかな彼女の体の、臍を越え、太ももを越えた先が、空気にフェードアウトしていることさえ、今の私にとってはもうどうでもいいことだった。


関連記事

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    初夏にふさわしい心霊ものがたりですね うまいなぁ

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >シェルトンさん
    ありがとうございます!
    いろんな意味で、ゾクリとしていただけたら嬉しいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る