注目の記事 PICK UP!

奇跡

ショートストーリー 奇跡

「お前そんな時計使ってんのかよ、だっせーなあ」

「うっせーな、ほっとけ!」

この春から大学に通う男にとって、文字盤にアニメのキャラクターが着いたその時計は、確かにかなりダサいと思う。

でも、この時計は……

5歳の時に両親が離婚して、僕は父親に引き取られた。

仕事が忙しい父親に代わって僕を育ててくれた祖母は4年前に亡くなり、
中学時代の後半からは殆ど一人暮らしのように過ごした僕は、最近よく母の夢を見る。

しっかり握った僕の手を、父に無理やり離されて、泣きながら小さくなっていく母の夢。

どういう事情があったのか、写真さえ残っていない母の顔を、

僕はもう思い出すこともできなくて、ただひとつだけ残っているのが、
最後に母と出かけた時に買ってもらったこの腕時計。

母のことについて頑なに口を閉ざす父は、決して居場所を教えてくれず、
この時計だけが、僕と母を繋ぐたったひとつの手がかりになっている。

だから、僕は、母と偶然出会う奇跡を信じて、
成長した僕を母がちゃんと見つけられるように、毎日この時計を着けている。

友人達にアニメおたくだと思われるくらいは仕方のないことだ。

よく晴れた空が眩しい春の朝、出かける仕度を済ませた僕は、いつものように時計を着けた。

立ったまま牛乳を飲みながら時間を見ると、まだ少し早い。

テーブルについて2杯目の牛乳を飲み、
新聞を広げていくつかの記事を拾い読みしてから出かけた。

ところが、駅に着くといつもの電車は既に発車していて、
時計が少し遅れていたことに気づいた。

「ちぇっ」

おもちゃのような時計でも時間はいつも正確で、
これまで遅れたことなど一度もなかったというのに……

正しい時刻に直そうと駅の時計を確認した時、構内にアナウンスが響いて、
今乗るはずだった電車が脱線事故を起こしたことを知った。

バスで着いた学内は、事故の話題で持ちきりで、
だんだん明らかになる被害の大きさに愕然とした。

もし、この時計が遅れていなかったら……

その夜、僕はまた母の夢を見た。

泣きながら遠ざかる母の顔が、一瞬、ほっとしたように微笑んだ。

母の愛と奇跡を信じて、僕は明日もアニメの時計を身に着けるだろう。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。

関連記事

  1. ショートストーリー 明日のわたし

    明日のわたし

  2. ショートストーリー 幸運の時計

    幸運の時計

  3. ショートストーリー「終点」

    終点

  4. 彼らのおかげ

  5. 優しい嘘

    優しい嘘

  6. イチバン

  7. ショートストーリー「リプレイ」

    リプレイ

  8. それから

  9. 第二幕

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    人それぞれ自分だけの大切なもの、そしてそれを通した大切な想いのつながりって、ありますよね。。ちょっと目頭あつくなりました。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >think+!さん
    はい!他の人から見たらガラクタでも自分にとっては大切な思い出の品物だったり、ね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP