彼らのおかげ

「おやじさん、お願いですよ、今日こそ教えていただけませんか?」

大手代理店の営業マンがまた頼みにやってきた。

教えてやりたい気持ちは山々なのだが、そうもいかない事情がある。

小さな時計屋の人の良いおやじは、困り果てた顔をしながら、
今日も営業マンに、

「もうしわけない」

と繰り返すのだった。

営業マンが何日も通って聞きだそうとしているのは、
この時計屋のおやじが使っている修理職人の情報だ。

実は、時計愛好家の集まるウエッブサイトの某掲示板で、
「どこよりもオススメの時計屋」として、
このおやじの時計屋が話題を集めていた。

営業マンは、自社では断るしかない修理を、
次々とこなしてしまうこの時計屋の秘密を、
どうしても聞きださなければと必死だった。

真夜中の工房で、おやじは、今日も届いたこんなメールを、
嬉しそうに読んでいた。

「修理をお願いしてから、数週間。
まさかこんなに早く修理ができるなんて!
驚きでいっぱいです。

オメガの時計は修理工場がないらしく、
数ヶ月にわたり、様々な店舗をまわり、
電話をかけて問い合わせしたのですが
どこも受け付けてくれずに、途方に暮れていました。

長いこと時が止まったままの時計が、また動いているのをみて
うれしくなりました。^^

また動き出したこの時計で、すてきな時をともに刻みたいと思います。」

「昨年亡くなった父親が若い時分に愛用していた
ロレックスのオーバーホールと、表面ガラスの交換をお願いしました。

表面ガラスは傷だらけで、長い間使用しておりませんでしたし、
正規代理店では古いモデルなので、オーバーホールは無理と言われ、
どうなることやらと思っていましたが、こちらで本当に綺麗に
仕上げてもらいました。

父が生きていたら本当に驚いただろうなと思います。

これから大事に使わせてもらいます。

有り難うございました。」

「30年前に購入、転勤でしまいこんでいたオメガ(2針デビル)を
昨年から使い始めました。

自動巻きなのに腕から外すとすぐ止まる、

一日数分は狂うと言う状態で、殆どアクセサリー状態。

近くの大型スーパーの時計店では古いのでスイスに送り返す、と言う話。

修理できなくても送料などの費用が必要、

と何とも釈然としない条件で、困っていました。

最初は恐る恐る、まともに動かない時計だからダメモトで
修理をお願いしました。

結果は\(^0^)/。極めて快適。

ボロボロになった革バンドも良い物を探して貰えましたし、
親身になって修理をしてもらっている、という安心感になりました。」

「良かった、良かった」

おやじが心の中で呟いた言葉を、傍にいた“彼ら”が口々に声にした。

今度はおやじが、世界一優秀な修理職人である
“彼ら”に向かって感謝を込めて話しかけた。

「お前たちのおかげだよ」

だが……

あの営業マンには申し訳ないが、信じてはもらえんだろうなぁ。

おやじは、今夜もせっせと修理に励む親指ほどの“彼ら”を見ながら、
明日も来るであろう営業マンを思って、また困った顔をした。

関連記事

  1. 神様が居る!

  2. ショートストーリー「音」

  3. “も”

  4. 効果

  5. やり直し

  6. タイムマシン (全3回 最終回)

  7. 薄紫色の約束

  8. 理想の人生

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    奇想天外も良いですが、
    その一歩手前が読者のツボなんじゃないかと思ってます^^
    なんか変なこと口走ってたらすみません^^;

  2. SECRET: 0
    PASS:
    harukaさんの小説が奇想天外の一歩手前でツボです。
    と言いたかったのですwww

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >にぃにさん
    ありがとうございます!
    にぃにさんに感じていただける一歩手前のさじ加減、書き続けながら探っていきますね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP