恋人のいる時間

ドアの向こうから聞き覚えのある曲が流れてくる。

なんという曲だったろう?

僕は記憶の引き出しを開けてその心地よいメロディーの思い出を探った。

そうだ、昔、彼女がよく口すさんでいた曲だ。

髪をとかしながらハミングするように歌っていた彼女の表情まで、鮮明に思い出した。

長い艶のある髪がさらさらと揺れる姿は、ドキドキするくらい綺麗だった。

ときどき僕の方を見てにっこりと笑う仕草がまた可愛かった。

彼女と僕が出会ったのも、今と同じ夏に向う季節だったと思う。

長い髪を二つに結んだ彼女は、少しはにかんだ笑顔で僕を見つめると、小さくて柔らかい手で、ためらいがちに僕に触れた。

僕はその瞬間から……いや、本当はあいつと一緒にいる彼女を見つけた時から、彼女のことが好きだった。

彼女もすぐに僕のことが気に入ったのは、その表情からも明らかだったけれど、僕と彼女が一緒に出かけるときには、いつもあいつが一緒だった。

彼女はデートの準備をしながら、よく、あの曲を口ずさんだ。

僕は少々オンチなその歌を聴いているのがとても好きだった。

彼女と僕とあいつのデートが続いたのは1年あまり。

彼女があの曲を口ずさむ回数がだんだんと減り、同時に笑顔も減っていって、最後には電話を見詰めて、ため息ばかりをつくようになった。

そして、ついに、僕らが一緒に出かけることはなくなった。

カーテンも開けない部屋でパジャマを着たまま、たくさん涙を流す彼女が痛々しくてたまらなかった。

彼女のために何もすることができない自分を、どんなにもどかしく思ったことか……

流れる曲の音が大きくなった。

彼女のいる部屋のドアが開いて、深い珈琲の香りが漂ってくる。

彼女はあいつと出かけなくなってから、苦い珈琲を飲むようになった。

あれからずいぶん長い時間が経ったから、あんなによく聞いた曲のことも、もう忘れかけていた。

彼女が湯気の立つカップを手にしたまま、僕のところに近づいてくる。

「懐かしい曲聴いたら思い出しちゃったわ」

綺麗な花が描かれた白い陶器の蓋が開けられ、僕は久しぶりに光を浴びた。

彼女は、あの頃より少し細くなった指に僕をするりとはめると、窓から差し込む日差しにかざして、遠い目をして微笑んだ。

今の彼女は幸せそうだ。

最後に彼女と出かけたのは、もう5年も前のこと。

あの頃僕の定位置だった彼女の指には、今、小さなダイヤのついた細いリングがはまっている。

すっかり大人の女性になった彼女に、僕はあまり似合わなくなってしまった。

彼女と一緒に出かけることは、たぶん、もうないだろう。

それでも、時々、僕を取り出して眺めてくれる彼女。

僕は、今でも彼女が好きだ。

 
 

このショートストーリーを掲載のウオッチコレメールマガジン「ブリリアントタイム」は、
隔週金曜配信です♪

関連記事

  1. ショートストーリー パパの後悔

    パパの後悔

  2. お誕生日おめでとう!

  3. 3つの願い

  4. ショートストーリー クリスマスは一緒に 2

    クリスマスは一緒に 2

  5. トパーズ

  6. 大晦日の音

  7. その人

  8. ショートストーリー おかあさん

    おかあさん

  9. こんなのってはじめて

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ドコモのCMの渡辺謙が頭の中に浮かんできました。
    きっと、大切に扱っている品物は、そんなふうに自分の事を見ていてくれるんでしょうね…。
    以心伝心ですね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >縁ジェルさん
    はい、きっと、緑ジェルさんのことをずっと大好きで大切に思っている彼も……。^^

  3. SECRET: 0
    PASS:
    素敵なお話でした。
    永遠に気づかれることの無い想い。ひっそり見守る心。そういった話に私は、心が揺さぶられます。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >chioさん
    こんばんは!読んでくださってありがとうございます^^
    ひっそりと見守る心に注目できるchioさんのお人柄と優しさを感じます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP