新しい指輪

「分かったわ。もういい!あなたって、いつもそう……」

ちがう。

本当はそんなことが言いたいんじゃない。

なのに、どうして、口を開くと出てくるのは、文句ばかりなんだろう?

並んでテレビを見ているだけでも、あんなに幸せだったのに、
二人で過ごす時間が減って、お互い別々の趣味を持って、
話題はどんどん噛み合わなくなって……

たまに話をすれば喧嘩するようになったのは、いったいいつからだったろう?

一緒にいても心から笑えなくなって、
となりに座ることさえ苦痛を感じるようになってしまった。

あんなに好きで結婚したはずだったのに。

ため息をついてスイッチを入れたテレビで、
美人女優が会見をしていた。

「本当は、ずっと一緒にいたかった。
でも、自分らしくあるために一人に戻ることを選択しました。
結婚したことは後悔していません。彼の幸せを願っています。」

「自分らしくあるために……」

無意識に、女優のセリフを反復していた。

ふと視線を落とした左手の薬指には、鈍く光るリングが、
前より少し太くなった指に食い込んでいた。

外そうとしてみたが簡単には抜けない。

ムキになってひっぱってみても、やっぱり指輪は抜けなくて、

私は涙ぐみながら、指を赤くして指輪と格闘した。

ハッと気づいて洗面所に行き、石鹸をつけて指輪を回すと、

指輪は少しずつ動いて、やがてスルリと抜きとることができた。

指輪の下から現れた、そこだけ日に焼けていない白い肌は、
まるで新しい指輪のように見えた。

思い出にしがみつくのはやめて、一歩踏み出す生き方もあるのかもしれない。

自分らしくあるために。

そう言って真っすぐに前を向いた女優の、
凛とした美しさが思い出された。

関連記事

  1. ショートストーリー クリスマスは一緒に3

    クリスマスは一緒に 3

  2. 神様が居る!

  3. 砂時計

  4. リセット

  5. 幸運の女神

  6. ショートストーリー 流れ星

    流れ星

  7. ショートストーリー「窃盗犯」

    窃盗犯

  8. 大晦日の音

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ブログ読ませていただきました。
    本当に時の流れと共に、感情も変化しますよね…
    私は一年生の息子に助けられながら生きていけてると思います。息子の『ママかわいいよ♪』の言葉で『お世辞でもうれしいよ(>_<)』と励まされます。
    お互いがんばりましょうね☆

  2. SECRET: 0
    PASS:
    結婚生活 2?年 ホントにいろいろあります
    凛として…
    私も そう在りたい
    考えさせられますね
    ステキなブログ
    いつも ありがとう。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >たくおんさん
    「ママかわいいよ♪」って最高の褒め言葉ですね^^
    力強い味方がいるときっと生活にも張りがでますね。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >ラズベリーさん
    ありがとうございます!
    いくつになっても凛とした女性でありたいです。
    えんどうの天ぷら、作ったことありませんでしたが、食べてみたくなりました。^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP