真珠の涙、ダイヤモンドの微笑み

「涼子さんって、昔から素敵な女性だったわ。」

僕の方を見ないで話す可奈の目からは、まるで真珠の珠のような、大粒の涙が流れ落ちた。

「ごめん、可奈…… 隠すつもりじゃなかったんだ。」

「わかってる、達哉さんが悪いんじゃないわ……」

僕は悪い男かもしれない。

涼子、という立派な恋人がありながら、涼子とは正反対の、可奈の魅力に惹きつけられて、恋人、と呼ぶ以外にはない関係にまでなってしまった。

涼子と可奈が、高校の同級生だったなんて……

僕が、可奈に涼子のことを打ち明けざるおえなくなったのは、先週、可奈たちの高校の同窓会があったから。

涼子は、数日前に僕が贈った、婚約指輪をはめて出席したらしい。

「まさか、達哉が贈った指輪だったなんて……」

笑い泣きしているような可奈の目は、どうしてこんなにも魅力的なんだろう?

涼子は、同じ会社の後輩だった。

新人として挨拶をした時から、しとやかな雰囲気と可愛らしい顔が目を引いた。

並み居るライバルを蹴散らして、彼女と付き合い始めた僕に、同僚達は尊敬と嫉妬の入り混じった視線を送った。

僕は、涼子の恋人であることが、とても誇らしかった。

涼子は性格もよく、申し分のない恋人だった。

でも……

悪いのはきっと、僕。

ひょんなきっかけで知り合った可奈のことが、どうしても忘れられなくなった。

聞き出した電話番号を頼りに、住所を調べて、「お礼」と称して花を送った。

驚いた声で電話してきた可奈を、すかさずデートに誘って……

気付いたときには、涼子と同じくらい、いや、涼子よりももっと深く、可奈のことを愛していた。

けれど……

涼子との交際はもう3年目、この会社では暗黙の了解である社内恋愛の期限いっぱいで、涼子は僕の婚約者として、この秋退社を予定している。

それを決断したのは、僕だ。

目をまっすぐに見ることが出来ないまま、可奈の肩に手をかけようとしたとき、涙にぬれた顔を上げて、可奈が僕の名を呼んだ。

「達哉さん……」

「達哉さんが、私を愛していてくれていたのは、嘘じゃないわよね?

ただ、愛する人が私一人じゃなかっただけ……そうでしょ?」

可奈の印象的な瞳に、小さな真珠がいくつも光っていた。

「それでね、達哉さん、私、達哉さんにお願いがあるの」

「涼子にあげたのと同じ指輪を私にもちょうだい、
もちろん、結婚してなんて言わないわ。

でも、涼子に負けないくらい私のことを愛してくれていたという証拠に、
涼子にあげたのと同じ、あのダイヤモンドを私にもちょうだい。」

驚いた……

予測のつく反応しかしない涼子の退屈さから、惹かれた可奈ではあったけれど、まさか、そんなことを言い出すなんて。

涼子に贈った婚約指輪は、女性に人気のあるB社の、王冠をかたどったデザインのもの。

おとなしい涼子よりも、むしろ、華やかな可奈の指に似合いそうだった。

僕は、自分のしたことへの反省と、可奈への精一杯の愛を込めて、このおねだりを聞き入れた。

*******

「ただいまー、あなた、今日は遅くなってしまってごめんなさい。

お友達とね、ちょっとショッピングに行っていたの。」

「いいよ、今日は僕も外で食事を済ませてきたし。」

「帰りに美味しいチーズを買ってきたわ、この間のワイン、開けない?」

可奈は帰りのタクシーの中で、はずしてあった指輪を、元通り薬指にはめた。

シンプルで飽きのこないデザインは、可奈の好きなB社のもの。

「素敵な指輪はいくつあってもいいものだわ」

可奈は小さくつぶやきながら、左手をフロアーライトにかざしてみた。

達哉さんは、私が結婚していることを知らないみたいだけれど、聞かれたことがなかったから、何も言わなかっただけ。

同時に二人の人を愛してしまったのは、達哉さんだけじゃなかったのよ。

ライトに照らされた可奈の顔は、真珠の涙などすっかり乾いて、ダイヤモンドのような微笑みが、ミステリアスな光を放っていた。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。

関連記事

  1. 真珠のイヤリング

  2. 綺麗

  3. ショートストーリー コレクター

    コレクター

  4. やり直し

  5. ショートストーリー それだけはいわないで

    それだけは言わないで

  6. ショートストーリー リフレイン

    リフレイン

  7. Brilliant Time

    Brilliant Time

  8. 神様が居る!

  9. 川に降る星(後篇)

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    最期の日に…新作を目にする事が出来て幸せです(*^ω^*)
    このブログの大ファンでしたが、今日この後すぐに退会します(^_^)v
    最後に素敵なお話をありがとうございました(´∀`*)ノシ

  2. SECRET: 0
    PASS:
    涙がぁ、嘘の涙ぁだったのねー演技かよ^^ダイヤ欲しさの演技・・・

  3. SECRET: 0
    PASS:
    かなさん怖いですね…なんかどっちもどっちだ…

  4. SECRET: 0
    PASS:
    う~ん、、、。
    唸る展開でしたね。
    人間の性(さが)って怖いですね。
    結果的には「目には目を、歯には歯を」になった男女間。
    世の中で一番ミステリーなのは男女の仲なのかもしれませんね。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    参りました。こうくるとは、思いませんでした。恐ろしい。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >ナツルさん
    アメブロ、ご卒業されるのですね。
    大ファンだなんて、嬉しいメッセージ、本当に励みになります。
    こちらこそ、ありがとうございました!
    アメブロはご退会されても、お暇ができたらまた遊びにいらしてくださいね。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >hilr さん
    ハイ、嘘と涙は女の武器ですから……(笑)

  8. SECRET: 0
    PASS:
    >消火栓さん
    かなのようなしたたかな女性、バブル世代には結構いたりして……^^;

  9. SECRET: 0
    PASS:
    >縁ジェル(えんじぇる)さん
    一番ミステリーなのは男女の仲……まさに、そうですよね。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    >chioさん
    ありがとうございます!
    皆さん、怖がってくださって光栄です。(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP