注目の記事 PICK UP!

砂時計

『砂時計』は、ショートストーリー『三分間の続編です。
独立した作品なので、単独でもお楽しみいただけますが、よろしければご一緒にどうぞ。

 

 

窓から入り込む空気が冷んやりしている。
三日降り続いた雨が上がって、秋が急に深まったようだ。

コトッ。
白いポットにお湯を注いで、砂時計をひっくり返した。

柔らかなダージリンの香りを感じながら、音も無く滑り落ちる砂を見てい
ると、とても不思議な夢を見たあの日のことを思い出す。

突然の事故で逝った恋人とのリアルな結婚生活の夢は、その後の私の生き
方を変えた。

―新しい幸せに向かって歩き出す努力をしないといけないよね。―

夢の中の恋人が、私に向かってそう言ったから。

ずっと断り続けていたお見合いの話を受けてみようと、「会ってみるわ」
と電話した時の、実家の母の喜びようは、大変なものだった。

重い沈黙に支配されたお見合いは、結局失敗だったけれど、私がこの世に
いない恋人を思い続けることをやめて、もう一度前を向いたことが母には
とても嬉しかったようだ。

もちろん、恋人のことを忘れることは出来なかったけれど、それまでのよ
うに、恋人がいなくなった悲しみばかりを思い出して反芻することは無く
なった。

女友達からは、優しい表情になったと言われるようになり、社内の男性た
ちからも気軽に声をかけられるようになった。

これまでの自分が、人を寄せ付けないような雰囲気を纏っていたことを
初めて知って少し驚いた。

それでも、次の恋が簡単に見つかったわけではなかったし、日々の生活は
相変わらず単調だった。

けれど……

落ちきった砂時計を確認して、ティーコージーをそっとはずした。

夕日を飲み込んだ海のように美しく澄んだオレンジ色が、白いティーカッ
プを満たしていく。

上品な香りに顔を上げて、彼が「ありがとう」と手を伸ばした。

今、カップの湯気の向こうには、愛する人の眼差しがある。

彼と出逢ったのは、去年の秋。

もう決して恋は出来ないと思い続けてきたはずの私が、彼にひと目で心を
奪われたことは、自分でも信じがたい衝撃だった。

そして、彼もまた同じように、私にひと目惚れだったと聞いた時、この世
にはやっぱり神様がいて、頑張っている人にはご褒美もくれるし、奇跡は
人間が考えているよりもずっと沢山起っているに違いないと確信した。

彼は、暗く後ろ向きだった頃の私の話や、長く引きずっていたかつての恋
人の話を、途中で遮ることもせず、じっと聞いてくれた後、「これまでよ
く頑張ってきたね」と優しく頭を撫でてくれた。

彼の胸に顔をうずめて、暖かな匂いを吸い込むと、張り詰めていた心が溶
け出して、ふいに涙が溢れてきた。

涙はいつまでも止まらなくて、私はそのうちわあわあと大きな声を上げて
泣いた。

ひとしきり泣いた後、泣き疲れた私の前に、彼が差し出してくれたダージ
リンティは、これまで失ったものをみんな取り戻すように、心と体に満ち
ていった。

「ねえ、砂時計ってさ……」

大きな手で玩んでいた砂時計をもう一度ひっくり返しながら、彼が話しか
けてきた。

「もうお終いだって思っても、こうしてまたひっくり返せば何度でもやり
直せるんだよね。何だか人生と似ていると思わない?」

もう一度ひっくり返せば何度でもやり直せる……

本当に、本当にそうかもしれない。

もう一度ひっくり返してやり直す勇気さえ出せば。

彼にひっくり返された時計の砂は、またさらさらとこぼれだして、新しい
時を刻み始めた。

彼は何度も砂時計をひっくり返しては、子供のように遊んでいる。

もうすぐ一緒に生活を始めることになっている、この無邪気な彼の笑顔を
見ながら、私は、ダージリンの甘い香りと幸福感で満たされていた。

関連記事

  1. 優しい目

  2. 神様が居る!

  3. ショートストーリー「馬鹿で可愛い」

    馬鹿で可愛い

  4. おめでとうを100回

  5. ショートストーリー「虹」

  6. 春の雨

  7. ショートストーリー クリスマスは一緒に3

    クリスマスは一緒に 3

  8. バカンス

  9. 真珠のイヤリング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP