美しい風景

このまま時が止まってしまえばいいのに……

心からそう思った瞬間、本当に時が止まった。

私は、愛する人の腕の中にいた。

彼は優秀なエンジニア。

誰もが知っている優良企業でその能力を買われ、飛びぬけた報酬をもらっている。

彼にしかできそうにない仕事はたくさんあるらしく、他社からの引き抜き交渉も後を絶たない。

彼は美しくて精密なものをこよなく愛していて、家具から食器に至るまで、まるで美術品のように美しいものを、惜しげもなく使っていた。

彼の家に初めて遊びに行った時、「江戸時代中期のものだよ」と言って、古伊万里の皿に料理を盛って出してくれた。

オランダ船を描いたその緻密な絵柄は、素人目に見ても高価なものであることがわかり、箸を持つ手が少し震えた。

食後のコーヒーを煎れてくれたのは、雑誌でしか見たことのない、ロイヤルコペンハーゲンのフローラダニカで、
もしも割ってしまったら……と心配しながら飲んだコーヒーの味などまるでわからなかったことを覚えている。

優秀で、優しくて、美しいものをさらりと使いこなす彼。

そんな彼が、どうして私のことなど気に入ってくれたのかがまるでわからず、何度も不安にさいなまれ、平凡な自分を呪った。

けれど、今日、彼は私を抱きしめて、「一緒に暮らそう」と言ってくれた。

このまま時が止まってしまえばいいのに……

心からそう思った瞬間、本当に時が止まった。

ふと気付くと、私は、金色の森に迷い込んでいた。

見渡す限り柔らかな光が満ちている。

ここは、どこ?

遠くの方から聞こえてきた羽音に目をやると、二羽の美しい鳥が大きく羽を広げていた。

まるでダイヤモンドをちりばめたような、透き通った光が体を覆い、金色の森の中で白く浮き上がって見えた。

どこかで、見たことのあるよな気のする風景は、自分の置かれている異常な状況さえも、忘れてしまいそうなほど美しくて、うっとりと見惚れていたくなる。

彼もここに連れて来てあげたら、どんなに喜ぶだろう……

「ねえ、返事をしてくれないの?」

彼の声に、我に返った。

私は、彼の腕の中にいた。

時は、止まってはいなかった。

彼は背中に回していた手をほどき、その暖かい手のひらで、私の頬を両側から包み、少し上を向かせて目を覗き込んだ。

そして、優しい声でもう一度言った。

「返事をしてくれないの?」

「えっと…… よ、よろこんで。」

そう答えるのがやっとだった。

彼は嬉しそうに微笑み、頬からはずした暖かな手で、私の手を強く握った。

つないだ彼の左手に目をやると、そこには、さっき私が迷い込んだ金色の森があった。

どこかで見たことがあったと思っていたその風景は、彼が気に入っている時計の、文字盤の中のものだった。

金とダイヤの鳥がデザインされた、オーディマ・ピゲの美しい時計。

時が止まった錯覚は、これからはじまる、美しいものに囲まれた未来を暗示していたのかもしれない。

彼に似合う女性になりたい!

心も体も美しくなって、古伊万里よりも、ロイヤルコペンハーゲンよりも、オーディマ・ピゲよりも彼に愛してもらえるように……

そう強く決心し、暖かい手を力をこめて握り返した。

彼の隣に並んで歩きはじめた街は、薄い絹を纏ったように、柔らかな紫色に染まりはじめていた。

ブログランキング登録しました。応援していただけたら嬉しいです!
↓↓↓

人気ブログランキングへ

関連記事

  1. やり直し

  2. ショートストーリー「終点」

    終点

  3. 新しいスタート

  4. りんごの味

  5. 朝の30分

  6. 恋人がサンタクロース

  7. 真実

  8. 小さな家

    小さな家

  9. ショートストーリー 才能

    才能

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP