15.100%

娘はこれまでに、2度の入院を経験しています。
一度目は、先天性内斜視の手術で、わずか10ヶ月の時、
2度目は熱せい痙攣で1歳になる、ほんの少し前。
私は、そのことを、とても特別なことに感じていました。
幼い子どもにとって、入院や手術をするなんて、あってはいけないことで、
そんな経験をするのはごくわずかな子どもだけで、
娘はとても大変な思いをしたのだと思っていたのです。

ところが、少し考え方がかわるようなお話を聞きました。
最近知り合って、仲良くなった友人の家に遊びに行ったときのことです。
彼女のお子さんも娘と同じ年の女の子でした。
とても明るく活発な子で、話を聞くまでは、そのお嬢さんに病気があるなんて、
気が付きさえしませんでした。
お嬢さんの病名は、股関節脱臼、
普通に歩けないかもしれないと聞かされた友人は、
私が娘の内斜視を知ったときと同じように、
何件もの医者を回り、いくつかの治療法を試したそうです。
そして、その中でもっとも信頼できた病院に入院させていたときのこと、
私もそうだったように、彼女も、ずいぶん悩んで、暗くなっていたのだそう。

ところが、彼女のお嬢さんがいた病棟には、たくさんの重い病気の子ども達がいたのです。
何日かたつうちに、入院している子どもの母親たちとも仲良くなりました。
そして、こんな会話がありました。
「お宅は何パーセントくらいなの?」
友人は、完治する可能性のことだと思い、
「そうねえ、、」と先生との会話を思い出していました。
「うちはね、80パーセントくらいなの」
驚くことに、そのお母さんが口にした確立というのは、
生存率の話だったのです。
そこには、ガンや、心臓病の子ども達もたくさんいて、
生存率の話が、こんなふうになにげなくされていたのです。

友人はハッとして、これまで落ち込んでいた自分を、恥ずかしく思ったそうです。
自分の娘は、たとえ、歩けなくなったとしても、生存率は100%なのだと。
そして、それからは必要以上に暗くなったり、落ち込んだりすることも無くなったのだそうです。

この話を聞いて、私は少し涙ぐんでしまいました。
世の中には、いろんな子ども達がいるのですね、
病気が日常になり、生存率が普通の話題になるような世界もあるのだと知りました。
驚くと同時に、自分の娘の生存率が100%であることを、
神様に感謝せずにはいられませんでした。

友人のお嬢さんは、今のところ、そのときの治療が成功していて、普通に成長しています。
それでも、いつ、また入院しなければいけなくなるか、わからないのだそう。
私の娘も、普通に視力を伸ばすために、今後、数度の手術が必要になるかもしれません。
それでも、生存率は100%なのです。
これからもいろいろなことがあるのでしょうけれど、こんな感謝の気持ちを忘れずに、
いつまでも、娘のことを見守っていってやりたいと思います

関連記事

  1. エッセイ もしかして教育ママ?

    35.もしかして教育ママ?

  2. 16.はじめての美術館

  3. 6.難しい質問

  4. エッセイ ラジオするよ!

    33.ラジオするよ!

  5. 7.なぜなにどうして!?

  6. エッセイ 朝の儀式

    31.朝の儀式

  7. 18。はじめてのお泊まり

  8. 17.しっとりとした

  9. エッセイ 褒められるとうれしい

    36.誉められると嬉しい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP