読み切りショートストーリーとエッセイを楽しむWebマガジン

  1. 最近の記事
  1. 秘密

春の宝石

私は最近、インターネットオークションにハマっていた。まだ汗ばむ陽気だった10月の始め、デパートで見つけた綺麗な色のコートに一目惚れして、へそくり…

  1. 秘密

彼らのおかげ

「おやじさん、お願いですよ、今日こそ教えていただけませんか?」大手代理店の営業マンがまた頼みにやってきた。教えてやりたい気持ちは山々なのだが、そ…

  1. 秘密

関係

里奈子は身体を右側に向けて隆をじっと見詰めながら、その美しい白い手を、テーブルに置いた隆の右手にそっと重ねた。ねっとりとしたジャズのメロディが、…

  1. 秘密

評判の嫁

「本当に良い嫁が来てくれた」そう言いながら、義父は目を細めて私を見る。今どき珍しいくらいのお嫁さん。感心な働き者の奥さん。近所で…

  1. 秘密

誤算

「ようやく会えたな」黒田は心の底からほっとした表情で、驚いた顔の山崎を見た。定年を目前に控えた黒田は、それまでにどうしても山崎を捕らえる必要があった。山崎…

  1. 秘密

チョコレートケーキ

「愛してるよ」耳元に唇を寄せて囁く時の慎一の声は、普段より少しだけ低くなる。微かに触れた唇の振動が快感になって体の芯まで駆け抜ける。「あ…

  1. 秘密

りんごの味

古時計屋の店主は、昨日田舎から送ってきたりんごをかじりながら、ポストに届いた手紙を取り出した。みずみずしい実をシャリシャリと小気味良い音で噛みながら、一通の封…

  1. 秘密

薔薇とすみれ

俺は悩んでいた。容姿にも家柄にも経済的にも恵まれていた俺は、努力することも決して忘れず、さまざまな才能を次々と開花させながら成長した。小学校学時代に熱中して…

  1. 秘密

窃盗犯

「それで、全部ごっそり持っていかれちゃったの!?」奈津美は目を丸くして叫んだ。「そう、ごっそり、全部」私はお茶をすすりながら、ゆっくりと…