イチバン

私のカレはかなりルックスがイイ。

仕事もできて、お金持ちで、女の子に優しい。

だから、当然、とてもモテる。

そして、彼のことを自分のカレだと思っている女の子は、私だけではない。

しかも、どの女の子もそれをちゃんと知っていながら、

それでもやっぱり、自分がイチバンのカノジョだと信じている。

明日はカレのバースデイ。

当日のデートは他の女の子に譲って私は前日のデートを選ぶ。

なぜなら……

ピピー!

カレの携帯のバースデイ設定が当日になったことを知らせた。

同時に、私からのバースデイメールが届く。

<タカシ、ハッピーバースデイ!ふろむマキ>

すぐにカレからの返信。

<嬉しいよ。今年もマキからのメールがイチバンだ>

ふふ。

昨日、携帯の時計を40秒だけ進めたことにカレは気づいていない。

本当の0時と同時に他の女の子たちからのおめでとうメールも続々と届く。

でも、イチバンはワタシ。

関連記事

  1. 始まりの音

  2. ショートストーリー 願い

    願い

  3. ショートストーリー『蝶々』

    蝶々

  4. お誕生日おめでとう!

  5. ショートストーリー「馬鹿で可愛い」

    馬鹿で可愛い

  6. あわてんぼう

    あわてんぼう

  7. ショートストーリー「スイート・テン」

    スイート・テン

  8. 彼らのおかげ

  9. ショートストーリー ターコイズブルー

    ターコイズブルー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP