魔性の女

ショートストーリー 覚えている女

「うそっ……」

思わず声が漏れたのは、思いがけない場所であの花菜を見かけたから。

思いがけないところ、というのは、後輩の結婚式会場。

私は、新婦の会社の先輩として参列し、花菜は新郎の会社の同僚として出席していた。

まさか、花菜が新郎の同僚だったとは……

壇上でうれし涙にむせぶ花嫁に駆け寄って、「気を付けなさい」って忠告してあげたい気分だった。

花菜がかなりの美人であることは、ひと目見れば誰でもわかるが、問題は、彼女の美しい外見ではなく、どんな男も惚れさせてしまう驚くべき内面だ。

花菜と一日一緒にいて惚れなかった男がいたら、そいつはきっとホモに違いない。
そう言われたくらい、 学生時代の花菜はモテた。

しかも、男に媚びを売ったり、色仕掛けでモテてたわけでなく、美人のクセに性格も良く、母性も思いやりも色っぽさも全部持ち合わせていたりして、男の方が勝手に熱を上げるからよけいに性質が悪い。

花菜のような女こそが、本物の“魔性の女”なのだと思う。

うっかり彼氏を紹介してしまったばっかりに、彼氏が勝手に花菜にハマって、振られた女も数知れず……。

それでも花菜が嫌な女なら、怨むこともできるのだけれど、なまじ、いい子なものだから、振られた女にとってみれば、怒りの持って行きどころさえない。

そんな花菜が、満面の笑みで、新郎の結婚を祝福しているのである。

もしかしたら、時すでに遅しなのかもしれない、とさえ思った。

花菜のような女は一日も早く結婚して、誰かのものになるべきだ。

できれば、ちょっと嫉妬心の強い、拘束型の男がいい。

外に働きに出ることさえ嫌って、一日何度も電話をして、在宅を確かめるような……。

ああ、私って、なんてヤな女なんだろう。

花菜に悪いところなど一つもなかったというのに。

未だにあの時のことを、心のどこかで根に持ってたなんて……。

そう、私も、彼氏を花菜に取られたのだ……

いえ、正確には、彼氏が勝手に花菜に惚れてしまった、哀れな女のひとりなのだ。

高校時代から好きだった男で、それはかれこれ5年越しの恋で……。

でも、よく考えてみれば、あの時彼が花菜に惚れたからこそ、彼と別れることになって、私の新しい人生が始まったのかもしれない。

私は、リングが光る左手を、膨らみかけたお腹に当てた。

今、私のお腹の中には、3番目の子供がいた。

夫は、あの時別れた彼氏とは雲泥の差の、パッとしない男だけど、バカがつくほど正直で、誰よりも優しくて、なにより、私と子供たちを心から愛してくれている。

そういえば、今けっこう幸せなんだよな、私。

花菜を見かけた動揺もいつの間にかおさまって、遠い日の思い出も、柔らかな霧に包まれていった。

※このショートストーリーは、3部作の第1作目です

それぞれ独立した作品ですが、3作全てをお読みいただくと、よりお楽しみいただけます。

第2作『覚えている女』につづく。

関連記事

  1. 時間

  2. 彼らのおかげ

  3. ショートストーリー「事情」

    事情

  4. ショートストーリー 神様

    神様

  5. さよならの魔法

    さよならの魔法

  6. 母と娘

  7. ショートストーリー ライバル

    ライバル

  8. ショートストーリー「死んでる場合じゃない」

    死んでる場合じゃない

  9. ショートストーリー「リプレイ」

    リプレイ

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
     ここで終わってくれたら、普通って素敵だなぁ、というストーリーだったのに、続編があるそうで、大変楽しみです。
     魔性の女中心に展開するのか、それとも、語り手の女性を中心にするのか。
     期待しています。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ひろぽんさん
    ありがとうございます!
    第2作は、魔性の女の語りによるストーリーです。^^
    お楽しみいただけるといいのですけれど。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP