読み切りショートストーリーとエッセイを楽しむWebマガジン

  1. ショートストーリー

家族に囲まれて

振り返ってみれば、あっという間だった。

25歳で結婚した夫は優しく、かわいい子どもたちにも恵まれた。

夫と喧嘩したり、子どもたちのことで悩んだり、
歳を重ねても働いている友人を見て、
主婦のままでいいのだろうか? と考え込んだこともあった。

でも、これで良かった。

平凡だったけれど、とても幸せな人生だったと思う。

今、私の手を握っているのは、きっと夫だ。
彼は、昔から温かい手をしていた。

「お母さん!」
私を呼んだのは長女だ。
長女は子どもの頃から良く通る美しい声をしていた。

もう50歳を過ぎているのに、声はまだ20代のようだ。

「おふくろ……」
どうやら、長男も来てくれているらしい。

こんなところに居て、仕事は大丈夫なんだろうか?

「ばあちゃん!」「おばあちゃん!」「ばっちゃん」
おやまあ、孫たちまで……。

そういえば、長男の息子は大学でなにやら難しい研究をしていたっけ。
何度も聞いたというのに、とうとう覚えられなかった。

長女の娘は音大のピアノ科で、
その弟は高校でサッカーをやっているはずだ。

どの子も皆、自慢の孫だ。

「おい、母さん!」

あなたったら、最後くらい名前で呼んでくれればいいのに。

もっとも、長女が生まれてからずっと私は“母さん”だったから、
今さら名前で呼べと言っても無理かもしれない。

笑ってみせたつもりだけれど、夫は気づいてくれただろうか?

その瞬間、握っている夫の手に力が籠った。

みんな、来てくれてありがとう。

あなた、あとのことよろしくね。

先に行って待っているから、あとからゆっくりきてちょうだい。

「おい、母さん!母さん!!」

モニターの波形が完全にフラットになって、
医師が静かに臨終を告げた。

「……というのが、1番人気の『家族に囲まれて』です。

当社でも、意外だったのですが、
ゴージャスな『オテル・エルミタージュ・モンテカルロで』や、
ドラマチックな『青い地球を眺めながら』や、
ロマンチックな『2人だけの夜に』よりも選ばれる方が多いのですよ」

担当者はダイジェスト版の臨終シナリオを再生し終えると、
にこやかにそう言った後、

「もちろん、登場人物をお好きな名前で呼んだり、
年齢や職業を変えてカスタマイズすることも可能です」

と付け加えた。

どんな怪我も病気も治せるようになり、
長い間憧れていた“不死”を手に入れてしまった人間は、
人口増加による様々な問題を解決するために、
脳だけをデータ化して生きる道を選んだ。

生きているのは脳だけであっても、
脳さえあれば、体を持っていた時代の人間と同じように、
全てをリアルに感じられるのだから、別に問題はない。

ところが、そうしてなおも生き続けるうちに退屈を覚えた人間は、
かつてあれほど忌み嫌っていた“死”に憧れるようになった。

今や、セレブたちの間で、死ぬことは大ブームだ。

もちろん、臨終シナリオを一度選べば、
もう、元には戻れない。本当の死を経験できる。

死に至る臨終プログラムは、
10種の中から好みのシチュエーションを選ぶシステムだ。

フィクションの中にしか存在しなかった臨終を、
もうすぐ経験できる期待に胸を膨らませながら、
私は、プログラムをオーダーした。

「『家族に囲まれて』でお願いします 」

こちらの記事もいかがですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。