読み切りショートストーリーとエッセイを楽しむWebマガジン

  1. ショートストーリー

博士の失敗

博士と助手は静かに喜びをかみしめていた。

人生をかけた研究が、今まさに実を結ぼうとしているのだ。

博士が手にしているのは、人を若返らせたり成長させたりできるキャンディだ。

幼い頃、漫画好きだった博士は、小さなキャンディを食べた少女が
大人になったり赤ん坊になったりする漫画を見て、
いつか自分もそんなキャンディを作りたいと考えたのだった。

努力をたくさん積み重ね、長い年月を費やして、
ようやく、このキャンディを完成させた。

博士は早速、自分たちで試してみようと、
食べると10歳若返るキャンディを、弟子に手渡し、
食べると10歳成長するキャンディを自分の口に放り込んだ。

キャンディはとても美味しくできており、2人はしばらく味わってから
ポリポリとかみ砕いて飲み込んだ。

すると……

弟子は、少し体が楽になったように感じたものの、
鏡を覗いて顔を見ても、大きな変化は見つけられなかった。

ところが、博士の方はというと、
うっと小さく呻いたきり、目を閉じて動かなくなってしまった。

「博士!博士!!」

弟子は、博士をゆすって泣きながら、2人の研究は失敗に終わったのだと考えた。

しかし、実際のところ研究は大成功で、
キャンディはちゃんと2人を若返らせたり成長させたりしていたのだ。

ただ、研究に没頭しすぎた2人の年齢は、すでに85歳と86歳だっため、
2人はその大成功に気づくことができなかった。

こちらの記事もいかがですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。