さきちゃんのひつじ

ショートストーリー さきちゃんのひつじ

僕はひつじ。

さきちゃんは僕の命の恩人なんだ。

僕はあともう少しで、燃え盛る火の中に投げ込まれる運命だった。
でも、さきちゃんが涙を流して、僕を助けてとお願いしてくれたんだ。
お願いは聞き入れられて、僕は黒こげにならずに済んだ。

僕はさきちゃんが大好きなんだ。
さきちゃんはとても優しくて可愛い。

さきちゃんのママは、さきちゃんが泣き虫だって心配してるけど、
僕は、さきちゃんがすぐに泣いてしまうのは優しすぎるからだ、って知ってるよ。

僕は今、さきちゃんの部屋のタンスの上で、
大好きなさきちゃんが、毎日泣いたり笑ったり遊んだり勉強したりしてるのを見てるんだ。

僕はひつじ。
さきちゃんとお友達が、幼稚園の作品展で、一生懸命作ってくれた、
紙と毛糸でできたひつじ。

これからもずっと、さきちゃんと一緒だよ。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。

関連記事

  1. 新しいスタート

  2. ショートストーリー ゴーストライター

    ゴーストライター

  3. 第二幕

  4. 砂時計

  5. ショートストーリー 才能

    才能

  6. 神様が居る!

  7. 予告

  8. ショートストーリー クリスマスは一緒に 2

    クリスマスは一緒に 2

  9. さよならの魔法

    さよならの魔法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP