読み切りショートストーリーとエッセイを楽しむWebマガジン

  1. ショートストーリー

スペシャルウィーク

「パンパカパーン!新しい一週間がはじまりまーす!」

「ねえ、あなた、起きて!爽やかな朝よ!」

窓を開けながら話しかける、君のよく通る声が響く。

日曜だというのに、いつもと変わらない時間に起きだした君は、
鼻歌交じりに朝食の支度にかかる。

「早く起きてねー!今週はスペシャルウイークよ!」

キッチンから大声で叫ぶ君の声は、底抜けに明るい。

……ったく、何が爽やかなもんか。
起き上がったとたんに汗が吹き出るのを感じるほど、蒸し暑い朝だというのに。

「おねぼうさん、やっと目が覚めた?」

食卓で新聞を広げる僕に、目玉焼きを持って来た君が話しかける。

「ね? スペシャルウイークの始まりよ!」

いたずらっぽい目で僕の顔を覗き込んで、君は「言葉」を待っている。

結婚した3年前、どうせ最初だけだろうとたかをくくって、面白半分でした約束。
年に2回のスペシャルウイーク。
この習慣を、君が死ぬまで続けるつもりだったことに気付いた時には、
もう、やめられなくなっていた。

「あ・な・た?」

いつのまにか牛乳やトースト、コーヒーサーバーまで運び終えた君が、
もう一度僕の目を覗き込んでいた。

僕は意を決して君の瞳をまっすぐに見詰め、あの言葉を口にした。

「ハッピーバースデイ、わかこ。いつも君を愛してるよ」

この少々気恥ずかしい言葉を口にするのは、年に2週間。
バースデイと結婚記念日のある週だ。

この習慣を、君は「スペシャルウイーク」と呼び、楽しげに友人達に話しながら、
僕はできるだけ人に知られないようにしながら、3年間守り続けてきた。

小さな顔の中で大きな場所をしめる、クリッとした目を輝かせて、
本当に嬉しそうに笑う君。

僕は、誰よりも素敵なこの笑顔が好きだ。

「ありがとう」と満足げに言った後、君は大きな口を開けてトーストにかじりつく。

こんな朝食は、今日から一週間続くことになる。
なんたって、今週は、「スペシャルウイーク」なんだから。

もしかしたら、このスペシャルウイークを本当に楽しみにしているのは、
僕の方なのかもしれない。

君が開けた窓からは、高原のそよ風のように涼しい風が吹き込んで……
なんていうわけはなく、どちらかというと、ドライヤーの温風に近い風が入り込む。

「ねえ、わかこ、そろそろクーラーいれないかい?」

額に汗を光らせながら、目玉焼きを頬張る君に、僕はさりげなく言ってみた。

このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。

こちらの記事もいかがですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。