読み切りショートストーリーとエッセイを楽しむWebマガジン

  1. ショートストーリー

新しいスタート

カチッ!

時計の針が予定の時刻を指した時、着陸成功の報告がもたらされ、

同時に大きな拍手と歓声が沸き起こった。

モニターには赤い星の鮮明な映像が映っている。

局長が、騒ぎを制するよう辺りをゆっくりと見回した後、厳かに告げた。

「今、我々は、輝かしい未来への新しいスタートを切った」

仲間達はその声を聞いて、先程よりさらに大きな拍手と歓声をあげた。

ヒューヒューヒュー!パチパチパチパチ!ワーワーワーワー!

いつまでも鳴りやまない拍手と歓声に聞き入る僕に、

店員がにこやかに言った。

「お客様、いかがですか?

この目覚まし時計は、昔、NASAの探査・#64;が火星にはじめて着陸した時の

感動と興奮をそのまま再現しております」

かつて、人間がまだ地球だけで暮らしていた頃は、

他の星に探査機が着陸したというだけで、こんなにも大喜びしていたんだな。

僕はそれをとても興味深く感じ、

“歴史ノスタルジーシリーズ5・火星着陸”と名付けられた

その目覚まし時計を買うことにした。

先日単身赴任が決まり、引っ越してきたばかりだから、

まだ火星の冬を経験していないが、かなり寒いと聞いている。

朝起きるのが辛そうだ。

それでも、この騒がしい目覚まし時計があれば、

1人で起きることができるだろう。

僕は金星に残して来た妻と子供達を思いながら、

窓から差し込む青い夕焼けの光に目を細めた。

こちらの記事もいかがですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。