読み切りショートストーリーとエッセイを楽しむWebマガジン

  1. ショートストーリー

ため息とハーゲンダッツ

日差しがジリジリと照りつける7月の午後、人生を変える出来事が起きた。

昨夜からずっと、哲学のレポートと格闘していた私は、
最後の1行を書き終えると、冷蔵庫に直行して、
とっておきのハーゲンダッツアイスクリームを取り出した。

期間限定フレーバーの白桃ラズベリー味だ。

レポートが完成したら、食べようと決めていたのだ。

蓋を開けると、ラズベリー色の曲線が美しい濃厚なミルク色のアイスクリームが冷気を放つ。

スプーンを手にして、さあ!と構えたその瞬間、玄関のチャイムが鳴った。

こんなタイミングで訪ねてくるなんてどこのバカよ?

少し苛立ちながらインターホンに出ると、相手はアパートの大家さん。

すぐに済むだろうとスプーンを置いて、玄関のドアを開けたが、
大家さんの話は想定外に長かった。

部屋に戻ってカップの中の、ピンクの液体を見た時の気持ちを、ちょっと想像してみてほしい。

ひとり暮らしの学生にとって、1コ248円のアイスクリームはものすごく贅沢な食べ物なのに……。

大きなため息が思わず口から洩れたとき、
体が宙に浮くような感覚がして、一瞬周りが真っ白になった。

ガクンと落ちるような衝撃とともに周りの景色が戻ってくると、
私はレポートの最後の一行を、書き終えるところだった。

え??まさか?!

冷蔵庫を開けて確かめると、ハーゲンダッツアイスクリームは、
まだちゃんとそこにあった。

その後いろいろ実験して、ある大きさ以上のため息が、
時間を巻き戻す引き金だと分かった。

今ではもう、いつでも自由に時間を巻き戻すことができる。
とはいっても、戻せる時間は15分程度だが。

それでもこの能力のおかげで、ちょっとした失敗はすべてなかったことにできた。

失敗してもなかったことにできると思うと、
それまではできなかった大胆な行動が取れるようになる。

大講義室で手をあげて、気難しい教授に質問したり、
ハイブランドの路面店で、高額な服を試着したり、
片思いしていた先輩に、思い切って告白したり……。

嫌な顔をされたり笑われたりしたら、すぐに時間を戻せばいい。

そんな安心感に背中を押されて、いくつもの事柄にトライしたが、
意外にもその多くは、思った以上にうまくいった。

時々は失敗して、嫌な顔をされたり笑われたりすることもあったけれど、
「もう一度やりなおせばいい」と思えば、何ということもなかった。

そして、これまでの自分は、小さな失敗を必要以上に恐れていたことに気がついた。

最初のうちこそ、失敗する度に、時を戻していたけれど、
そのうちいちいち時を戻すのが面倒になってきた。

だって、考えてみれば、殆どの事柄は、わざわざ時を戻さなくても、
やり直すことができるから。

陽射しもすっかり和らいで、涼しい風が吹き始めた9月の午後、
あの日から彼氏になった先輩が、いつものように部屋に来た。

「はい、お土産」と言って彼が差しだしたコンビニの袋には、
大好きなハーゲンダッツアイスクリームが2つ入っている。

そのひとつを手にとって、目を見張っている私に、彼が自慢げに言った。

「それ、どこの店でも品切れだった、期間限定のフレーバー、
白桃ラズベリーだよ 」

ああ、私を変えた今年の夏は、この白桃ラズベリーから始まったのだ!

感慨深い気持ちで蓋を開けたその瞬間、玄関のチャイムが鳴った。

こんなタイミングで訪ねてくるなんてどこの……

苦笑しながら出たインターフォンからは、何と、母の声がした。

「お母さんよ、連絡してないけど来ちゃったわ、
あんた、夏休みにも帰って来ないんだもの、心配になっちゃって……
ちゃんとご飯食べてるの?」

誰?と目で訊ねる彼に、実家の母が来たことを伝えると、
彼は慌てて居住まいを正した。

とりあえずドアを開けて、玄関で母を足止めして彼のことを説明した。

なんとか説明を終えて、母を部屋に通すと、
正座をして待っていた彼が、礼儀正しく挨拶してくれた。

母の目がパッと輝くのを見て、一安心したそのとき、
テーブルの白桃ラズベリーが、ピンクの液体になっているのが見えた。

けれど、もう、ため息で時間を戻したりはしない。

彼と母は、何だか楽しそうに話しているし、
白桃ラズベリーはもう食べられなくても、
次に出る美味しいフレーバーを食べることはできるのだから。

こちらの記事もいかがですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。