フォローする

カテゴリー

ショートストーリー, 可愛い彼女

「パンパカパーン!新しい一週間がはじまりまーす!」

「ねえ、あなた、起きて!爽やかな朝よ!」

窓を開けながら話しかける、君のよく通る声が響く。

日曜だというのに、いつもと変わらない時間に起きだした君は、
鼻歌交じりに朝食の支度にかかる。

「早く起きてねー!今週はスペシャルウイークよ!」

キッチンから大声で叫ぶ君の声は、底抜けに明るい。

……ったく、何が爽やかなもんか。
起き上がったとたんに汗が吹き出るのを感じるほど、蒸し暑い朝だというのに。

「おねぼうさん、やっと目が覚めた?」

食卓で新聞を広げる僕に、目玉焼きを持って来た君が話しかける。

「ね? スペシャルウイークの始まりよ!」

いたずらっぽい目で僕の顔を覗き込んで、君は「言葉」を待っている。

結婚した3年前、どうせ最初だけだろうとたかをくくって、面白半分でした約束。
年に2回のスペシャルウイーク。
この習慣を、君が死ぬまで続けるつもりだったことに気付いた時には、
もう、やめられなくなっていた。

「あ・な・た?」

いつのまにか牛乳やトースト、コーヒーサーバーまで運び終えた君が、
もう一度僕の目を覗き込んでいた。

僕は意を決して君の瞳をまっすぐに見詰め、あの言葉を口にした。

「ハッピーバースデイ、わかこ。いつも君を愛してるよ」

この少々気恥ずかしい言葉を口にするのは、年に2週間。
バースデイと結婚記念日のある週だ。

この習慣を、君は「スペシャルウイーク」と呼び、楽しげに友人達に話しながら、
僕はできるだけ人に知られないようにしながら、3年間守り続けてきた。

小さな顔の中で大きな場所をしめる、クリッとした目を輝かせて、
本当に嬉しそうに笑う君。

僕は、誰よりも素敵なこの笑顔が好きだ。

「ありがとう」と満足げに言った後、君は大きな口を開けてトーストにかじりつく。

こんな朝食は、今日から一週間続くことになる。
なんたって、今週は、「スペシャルウイーク」なんだから。

もしかしたら、このスペシャルウイークを本当に楽しみにしているのは、
僕の方なのかもしれない。

君が開けた窓からは、高原のそよ風のように涼しい風が吹き込んで……
なんていうわけはなく、どちらかというと、ドライヤーの温風に近い風が入り込む。

「ねえ、わかこ、そろそろクーラーいれないかい?」

額に汗を光らせながら、目玉焼きを頬張る君に、僕はさりげなく言ってみた。

[s_ad]

ショートストーリー, 可愛い彼女, 秘密

「空から大きな宝石のついた指輪が降ってきますように」

「持ち主の現れない大金を拾いますように」

「人からもらった宝くじが大当たりしますように」

「何じゃこりゃ?!お前はアホか!」

和弥は短冊の願い事を大きな声で読み上げると、呆れた声でそう言った。

玄関には小さな笹竹が立てかけてあり、折り紙で折った船や奴と一緒に、なな子の願い事を書いた短冊が結びつけてあった。

「だって、ホンマにそう願ってるんやもん」

口を尖らせてななこが反論する。

「宝石泥棒が高架を逃げる途中でぽろっと落っことした指輪がたまたま下の道におったうちの頭に落ちてくるかもしれへんし、大金を拾った人の話なんかいくらでも聞くやないか。
宝くじだって、自分ではアホらしいて買えへんけど、誰かにもらったくじが偶然大当たりするっていう事だって、絶対無いとはいえへで!」

「なぁ、ゆうたん」

早口でまくし立てた後、ななこは腕の中の息子に微笑みかけた。

「お前にはかなわんわ」

和弥は、くるくると表情の変わるなな子の顔を見ながら笑いが込み上げてきた。

「あのな、今度、同窓会があるやんか、そん時な、みんな着飾ってくると思うんや。
うちかて新しい服着て指輪つけていきたいなぁって……」

確かに和弥の給料は安いし、祐太郎は生まれたばかりだし、宝くじにでも当らなければ、なな子に指輪など買ってやる余裕はない。

それにしても、空から降ってきますように、はないだろう……。

和弥は笑いながら、「わかったわかった」とななこの頭を撫でた。

「ほな行ってくるで」

和弥はまだ笑みの残る顔でそう言うと、遅番の仕事に出かけて行った。

******

「あんたぁ!なんで死んだん? なな子を置いていかんといて!!

ゆうたんのことはどうすんねん!? アホ! 目開けてえぇぇぇ!」

喉が切れるかと思うほど大きな声で叫んでも、なな子の倍もある大きな体を揺さぶっても、和弥は目を開けてくれない。

「いやや!いやや!いやや!いややあぁぁぁぁぁ;………」

誰がどんなふうに準備をしたのかも思い出せないが、なな子は喪服を纏って、祭壇の前にいた。

黒いリボンをかけられた和弥がなな子に笑いかけている。

「いやや……」

その時、暖かな手がなな子の肩をそっと抱いた。

振り向いたなな子は、その手が差し示す方を見て驚いた。

祭壇に向う喪服の人々の、長い列がどこまでも続き、なな子が見える範囲は、全て悲しみの黒に埋まっていた。

隣の人の胸に顔をうずめて泣きじゃくる女性。

赤くなった目で瞬きもせず、じっと前を見詰める男性。

腰の曲がったおばあさんも、白髪頭のおじいさんも、ぬいぐるみを抱えた小さな子供も、皆心からの悲しみを表しながら、祭壇へと進んでいる。

こんなにも大勢の人が、和弥のために泣いてるんや……。

和弥の死を悼む人々の列は、なな子に慈悲の眼差しを向けながら、祭壇に向って粛々と進んでいく。

どこまでもどこまでも続く長い悲しみの行列……

「和弥……」

なな子が和弥の名を呼ぶと、熱い涙が視界を塞いだ。

「なな子、なな子!」

肩に置かれた暖かな手がなな子の体を揺さぶっている。

「なな子!なな子!」

「そんなに泣いてどうしたんや?」

暖かな手が和弥のものだとわかった時、なな子は辛い夢から覚めた。

「和弥!」

「和弥!好きや!大好きや!うちを置いてどこにもいかんといて!」

なな子は濡れた目と頬のまま、和弥の大きな体に抱きついた。

「どうしたんや?なな子。どこにもいったりせえへんで」

和弥の体のぬくもりをしっかりと確認すると、ようやくなな子は人心地がついた。

「そうや!」

大切なことを思い出してベッドから立ち上がったなな子は、あっけに取られている和弥を残してリビングへと駆けて行った。

引き出しからマジックと短冊を取り出すと、大きな字でひとつだけ願い事を書いた。

<家族三人がずっと元気で暮らせますように!>

玄関に行って、結んであった短冊を全て取り払い、今書いたばかりの短冊をきつく結びつけた。

なな子は、あの夢のおかげで、今ある家族の笑顔こそが、なな子にとっての大きな宝石だと、はっきりと気づいていた。

※このショートストーリーは、隔週金曜配信のメールマガジン「ブリリアントタイム」に掲載されています。

ショートストーリー, 可愛い彼女

「明けましておめでとう!それから、お誕生日おめでとう!」

「……」

「どうしたんだい?」

「今頃、なによ……」

「そうだね、ちょっと遅いよね……」

「ちょっとどころじゃないわよ、何日だと思ってるのよ!?
それに、ちっともおめでたくなんかないわよっ!人の気も知らないで!!」

「ごめんね、もう少し早く来たかったんだけど、
お正月はやっぱり出づらくて……」

「クリスマスのデートだってざるそばとか食べてたし、
これまで季節感なんて全然気にしなかったくせに、
都合のいい時だけそんなこと言って!」

「ね、もう機嫌直してよ?」

「……」

「ねえってばさぁ。……よーし、それなら……」

「……キャハッ。キャ。ハハ、ハハハハハ!アハハハハ!
ずるいわよ、くすぐるなんて!」

「やっぱり笑った方がかわいいよ。ほら、涙を拭いて。
……あれ?その時計……僕が隠しておいたプレゼント、見つけたの?」

「あんなところに隠してあったら誰でもすぐ見つけちゃうわよ!
もう少し他に考えられなかったの?本当にもう……
あなたって、頭いいくせに抜けてるんだから」

「ごめん、でも、見つけてくれて良かったよ」

「ちっとも良くなんかないわよ!
……あなたから渡してほしかったに決まってるじゃない!
どうして……うっ……。」

時計をつけたまま眠る君を、僕はずっと見つめている。

もし、今君に声をかけたら、こんな会話になるんじゃないかって想像しながら。

起きている時は怒ったり笑ったり泣いたり忙しい君だけど、
眠っているときはおとなしくて可愛い。

もっとも僕は、起きている君も眠っている君も、
同じくらい愛してるけど。

誕生日がお正月だと、一緒にされて損した気分だって言ってたから
これからはちゃんと別々にお祝いするつもりだったのに、
こんなことになっちゃってごめんね。

本当はずっと、君のことを見守っていたいよ。

でも、もういかなくちゃ。

だから、せめて、君と一緒に過ごすはずだった
50年分の「おめでとう!」を、今のうちに言っておくよ。

大好きな君が、僕がいなくても幸せでありますように。

おめでとう!おめでとう!おめでとう!おめでとう!おめでと……

このショートストーリーを掲載のウオッチコレメールマガジン「ブリリアントタイム」は、
隔週金曜配信中です♪

ショートストーリー, 可愛い彼女

女は馬鹿なほうが可愛い。

男同士で飲んでいる席で、そんな台詞が出ることは少なくない。

なぜなら、男にとって、馬鹿な女は利口な女よりもずっと都合がいいものだから。

実際、俺もここ1年ほど、馬鹿で可愛い女をひとり、恋人と呼んでいる。

女の名前は美也子、山の手の住宅街に住む品の良い人妻だ。

歳の離れた夫は、最近ヒット商品を連発している大手メーカーの重役だとかで、仕事と外の女の相手で忙しく、家を空けることが多かった。

美也子はなかなかさばけた女で、夫の不貞をなじらない代わりに、ひとりでは使い切れない程の小遣いを与えられ、優雅で退屈な日々を送っていた。

ショッピングにも料理教室にも飽きた頃、たまたま俺と知り合った。

お嬢様学校を卒業し、ロクに仕事もしないまま、金持ちの奥様に納まった世間知らずの女をモノにすることなど、遊び慣れた俺には朝飯前だった。

優しく紳士的に近づき、他愛ない会話で笑わせて、男を感じさせない態度で安心させる。

些細な理由を作っては頻繁に連絡を取り、時間をわきまえることで信頼を得る。

十分に親しくなっても、やや距離を置いた態度で気にかけさせ、女が痺れを切らせ始めた頃合を見計らって、躊躇いがちに一度だけ誘いをかける。

美也子はもちろん、その誘いに乗ってきた。

過剰なほどのリップサービスと一緒に、これまで経験したことのないような時間を与えてやると、もう、美也子は俺の手のひらの上にいるようなものだった。

俺は中堅企業の営業マンで、妻と子を養う必要もある月給は、美也子の小遣いよりずっと少なかった。

けれど、美也子と付き合っている限り、遊ぶ金に不自由はしないし、付き合いが進むうちに、美也子から贈られたいくつもの一流品が身の回りに増えていった。

妻には特別報酬が出たとか、知り合いの商社マンに頼まれて社販で買い物をしてやったなどと、その都度適当な嘘をついた。

普通の女ならおかしいと思うところだろうが、妻は少しぼうっとした女で、人の話を疑うということをあまり知らなかった。

もちろん、その性格が妻選びを決定づけたと言ってもいい。

俺は、結婚しても遊ぶことをやめたくなかったのだ。

もちろん、美也子と付き合いながらも、家族サービスすることは忘れなかった。

会社帰りのデートで待ち合わせた高級ラウンジにも、妻に頼まれた買い物の包みを提げていったし、出張先のホテルでは、美也子の腰に手を回しながら、娘にせがまれたお土産を書いたポケットのメモを確かめたりした。

美人で金持ちで豊満な肉体を持った美也子との、刺激的だった関係も、2年目になるとマンネリ化してきた。

そんな頃、仕事上でちょっとした移動があって、新しい出会いと心境の変化があった。

相変わらずぼうっとして朗らかな妻との関係にはなんら影響がなかったが、美也子と付き合い続けていくのは、だんだん面倒になってきた。

ブランド物の洋服や一流のステーショナリーも、すっかり貰い切った感があったし、一時は溺れていた豊満な肉体にもそろそろ飽きがきていた。

お茶漬けならば毎日でも食べられるが、一流のフランス料理をずっと食べ続けるのはしんどいものだ。

俺は美也子ときれいに別れるために、あれこれ方方法を考えたが、その前にもう少しだけ、自由になる金を手にしておきたかった。

上手い具合に、俺の誕生日が、2週間後に迫っていた。

その日のデートに、俺は時計の針を少し進ませて出かけ、ここのところ腕時計の調子が悪いことを仄めかした。

そして、帰り際、今年の誕生日が仕事で一緒に過ごせないと悲しそうに告げ、当日は離れていても美也子のことを考えながら同じ時間を過ごしたい、と甘えてみせた。

俺は別れの舞台を、去年の誕生日に濃密な時間を過ごした、夜景の綺麗な部屋に設定した。

美也子は俺の思った通り、一流ブランドの時計をペアで買い揃えていた。

これまでにもらった物の中でも特に高額な最後の贈り物だった。

体でたっぷりと愛情確認をした後、突然黙り込んで見せ、急に海外転勤が決まったと嘘の理由で別れを切り出した。

泣き始める美也子の肩を優しく抱いて、二人の思い出が美化されていくよう、いくつものロマンティックな言葉を散りばめた。

頬を伝った涙を唇で受け止め、もう一度ベッドに押し倒した。

美也子の気持ちが落ち着いてきたのを感じて、携帯が鳴った振りをした。

急な仕事を装ってしばらく無言の電話と会話し、放心した様子の美也子に最後のキスをして、先にホテルの部屋を出た。

翌日、箱に入れたままの時計をブランド専門の質屋で現金に換えた。

バカで可愛い女だったな……

手にした数十枚の札束を数えながら、美也子の綺麗な顔を思った。

その足で向ったのは、以前から何度も覗いていた宝飾店だった。

俺は店員を呼んで、すでに選んであった指輪を出してもらうと、プレゼント用に包装してくれるよう頼んだ。

さっきの現金で支払いを済ませ、店を出たときの足取りはとても軽かった。

口笛を吹きたいような気分で携帯を取り出し、暗記している番号に電話した。

「はい、由梨絵です」

電話の向こうから弾んだ声が聞こえると、思わず頬が弛んだ。

やはり、若い女の声には張りがある。

彼女の可愛い声は俺を強く誘った。

「あなたのためにケーキを焼いたの、ね、今すぐに来て!」

前々から根回しをしておいたから、妻には電話だけを入れて、誕生日の夜を由梨絵の部屋で過ごした。

翌朝は社に客先へ直行すると連絡し、由梨絵と昼までベッドでいちゃついた。

夜までずっとそうしていたい気分だったが、仕事の心配をする由梨絵に促され、渋々身支度を整えた。

いつまでも戸口で手を振る由梨絵と別れて歩きだし、今年もなかなかいい誕生日が過ごせたとひとり悦に入った。

バタン。

男が見えなくなるのを確かめて、由梨絵は部屋のドアを閉めた。

「……ったく、何が直行にしておくから大丈夫、よ。しつこいったらありゃしない」

由梨絵はベランダの窓を開け、部屋にこもった男の匂いを追い出した。

「でも……ちょっと甘えてみせただけで、あんな指輪を買って飛んでくるんだから、オジサンって、ホントに馬鹿で可愛い……」

由梨絵はすっかり高くなった陽に、ダイヤが輝く指輪をかざして、面白そうにクスリと笑った。

 

このショートストーリーを掲載のウオッチコレメールマガジン「ブリリアントタイム」は、
隔週金曜配信です。

ショートストーリー, 可愛い彼女

「雨、ふってきちゃったね」

「ふってきちゃったね」

スーパーの出口に立ったまま、どうしようか考えた。

春の天気は変わりやすい。

家を出る時はよく晴れていたから、傘なんか持ってこなかったのに。

「天気予報、ちゃんと見てこれば良かったね」

「うん、よかった……ね?」

娘はまた、私の言葉を繰り返す。

今年、9歳になった娘。

親が言うのもなんだけど、可愛い顔をしていると思う。

でも、頭の発達が普通の子より少し遅い。

しばらく雨が降るのを眺めていたけれど、止みそうにないし、
春の雨は冷たくないから、思い切って歩き出すことにした。

家に着いたらすぐに着替えればいい。

「なっちゃん、いこっか?」

「うん、いこっか?」

娘の手を取って、雨の中に踏み出した。

滴が顔にも降りかかるから、つい、早足になって、
娘の手をひっぱってしまう。

「あ!」

しばらく無言で歩いていたら、突然、娘が立ち止まって言った。

「いっしょ」

「え?何が一緒なの?」

娘の視線の先を辿って、ふたりが繋いだ手を見ると、
娘の手のくぼみに乗った、雨の滴が小さな玉になっていた。

私の指輪が反射して、宝石のように光っている。

「なっちゃんの指輪、綺麗ね」

「きれいね」

繋いだ手をそうっと止めて、ふたりで雨の宝石に見入った。

新しい雨の滴が重なって、金色の輝きが、ゆっくり流れ落ちるまで。

もう、先を急ぐのはやめよう。

「ビショビショになっちゃったけど、ま、いっか」

「ま、いっか」

娘と一緒に、ゆっくりと歩いて行こう。

春の雨は、あたたかい。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。

ショートストーリー, 可愛い彼女

「週末は嫌いよ」

拗ねた口調でそう呟く奈々子の横顔を見ながら、
どんな表情も可愛いなと、また愛しくなる。

40も後半にさしかかったオヤジに、
どうして奈々子のような子が惚れたのかは分からない。

ただ、奈々子は私に妻子がいることを承知した上で、
それでも付き合いたいと言い、
迷惑は絶対にかけないから、好きでいさせて欲しいと懇願した。

奈々子くらいの美人であれば、同じ年頃の男たちでも
よりどりみどりのはずだというのに。

事実、職場でも密かに奈々子を狙っている男を、
私は何人も知っている。

奈々子が私の女だとも知らずに……。

若くて美人な上に分別がある女に、
あなたなしじゃ生きていけないとまで言われると、
男としても自信が湧くのは当然のこと。

諦めかけていた出世の道も,また開けたりするから面白い。

私は奈々子と付き合い始めてから、2階級昇進して
部長と呼ばれる立場になった。

給料も上がって、生活にゆとりが出てくると、
妻にも優しい言葉をかけてやれるようになる。

ここのところずっと機嫌の良い妻は、以前より若返ったように感じる。

その上、学生時代にやっていた趣味の陶芸を再開したとかで、
自作の器に凝った料理を盛り付けて出すようになった。

これがまた旨くて、晩酌のビールが楽しみになる。

こうなると、自宅にも早く帰りたくなるが、
もちろん、奈々子と過ごす時間も確保したいわけで、
定時を過ぎたらもう1分たりとも会社に居たくないと思う。

私は仕事を早く終わらせられるよう、努力と工夫を重ね、
これが功を奏して業績はさらに上がり、社長の覚えも良くなった。

なんて充実した人生なんだろう。

仕事と家庭と恋愛、全てに満足できるなんて……。

妻の上手いつまみでビールを飲みながら、
私はしみじみと思った。

******

「奈々子さん、お世話になりました。」

女は、約束の報酬を支払いながら、奈々子に礼を述べた。

「主人ったらすっかり人が変わって、私にも子供にも優しくなったのよ。

先日なんて、ほら、これを……。」

女は、嬉しそうに、夫が買ってくれたという指輪を見せた。

「お役に立てて光栄です。」

奈々子は頭を下げて女から札束を受け取った。

「それにしても、最近はいろんな仕事があるのねぇ。
最初に聞いたときはそんな馬鹿な話と思ったけれど……
こんなに上手くいくなんて、お願いしてみて良かったわ」

女は本当に満足そうだった。

奈々子にはまだ、この女の夫に別れを切り出すという仕事が残っているが、
いつものようにやれば問題もないだろう。

奈々子は、報酬がよくて、自分にしかできない
この特別な仕事をとても気に入っている。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。

ショートストーリー, 可愛い彼女

「うわあああああ!またやっちゃった!」

僕の彼女はとても可愛い。

でも、救いようがないほどのドジ。

今も、ほら、僕のためにチョコケーキを作るんだとか言って
砂糖をみんなひっくり返した。

呆れてものが言えないけれど、
必死になってるその姿が可愛くて、
まあいいか、って思うんだよね。

今日のチョコケーキはお砂糖抜きかな?

彼女が今ひっくり返したお砂糖は、下の世界に落ちて行っちゃった。

「あっ!雪?」

彼女が空を見上げて言った。

空は晴れてるというのに、キラキラ光る白いものが舞い降りてくる。

「光ってて、きれいね」

「うん、きれいだね」

僕は、君のがずっときれいだよ、と心の中で思いながら、
彼女の言葉に同意した。

そして……

「寒いね」

彼女をぐっと引き寄せる良い口実ができたことを
白い雪に感謝した。

ふふ。

僕の彼女は、救いようがないドジ。

でも、ぼくだけじゃなくて、下の世界の人たちまで
ちょっと幸せにしてるみたいだ。

 

このショートストーリーを掲載のウオッチコレメールマガジン「ブリリアントタイム」は、
隔週金曜配信です