フォローする

あの頃

2018/04/11

窓の外の良く晴れた空を見ながら、同じ歳の男女3人が語り合っている。

「良く晴れてますなぁ」

「本当に、青い空ですね」

「夏がやってきましたな」

「こんな空を見ていると、“あの頃”を思い出しますなぁ。
あの頃は、本当に忙しかった!」

痩せぎすの男性は、優秀な営業マンとして、
真夏の陽射しの中で外回りをしていた頃を思い出しながら言った。

「そうそう、“あの頃”は本当に忙しかったわ!
でも、今思えば一番充実していたのかもしれません」

色白のふくよかな女性は、2人の子どもを年子で生んで、
育児と家事に追われていた頃を思い出しながら、相槌を打った。

「確かに充実していたよなあ、“あの頃”は。
毎日が希望に輝いていたと言ってもいい」

体格の大きな男性は、大学生をしながら、
予備校講師のアルバイトをしていた頃のことを思い出していた。

予備校きっての人気講師で、学生には不相応なほどの給料を貰い、
かわいい女の子と片っ端からデートしていた。

「“あの頃”は本当に良かった」

3人の男女は、それぞれの思い描く“あの頃”が
全く違った時期であることなど気にも留めずに声を揃えて言った。

そこへ、髪を束ねた若い女性がやってきて、彼らに声をかけた。

「あの頃も良かったと思いますけれど、今だって悪くありませんよ。
ほら、今日のメニューは皆さんのお好きなぶりの照り焼きです」

「ぶりは柔らかくて美味しいんだよなぁ」

「照り焼きは甘いから好きなのよね」

「魚は骨があるから食べさせてくれるんじゃろう?」

3人の男女は、食事が配膳されたテーブルに向き直り、
目の前にあるブリを見た。

“あの頃”のことなど、もうすっかり忘れている。

それでも、食事が終わって暇になればまた、
“あの頃”を思い出し、“あの頃”の話に花を咲かせる。

もう何年も、そんな風に過ごしているのだ。

彼らが口にする“あの頃”は、長すぎるほどの人生の中では、
ほんのわずかな時間でしかない。

それでも、そのわずかな時間の“あの頃”が、彼らに生きる力を与えている。