フォローする

カテゴリー

クリスマス, ショートストーリー, 秘密

「ねえ、たっくん、たっくんはサンタクロースに何をお願いしたの?」

ほらきた!まただ。
ママは先週から何度も僕に欲しい物を聞いてくる。

僕はもう2年生なのに、まだサンタを信じているとママは本気で思ってるんだろうか?

サンタの正体がパパだってことくらい、今どき幼稚園児だって知っているのに。

しかも、僕にはパパがいない。

今年の夏、パパとママは離婚したから。

プレゼントの質問はいつも適当にはぐらかしてたんだけど、何度も聞きな
おされるのも面倒だから、「PS……」とゲーム機名を答えようとしてやめた。

そうだ、ママを少し困らせてやろう。

「自転車!僕、自転車が欲しいんだ。今のよりもっと大きいやつ」

「自転車?そ、そう……」

ママは少し驚いた顔をした後、何か考え込むように頷いて言った。

僕のうちではこれまで、サンタのプレゼントは、朝起きると必ずベッドの所に置いてあった。
わっかのついた最初の自転車を貰ったときだってそうだ。

僕の家はエレベーターのついていないマンションの3階だけど、背の高い
パパなら自転車を運ぶくらいなんでもなかったんだと思う。

もし、ママが僕に謝ってサンタの正体を教えてくれたら、
自転車は取り消して小さなゲーム機を買ってもらうつもりだった。

だけど……。

その夜僕は目をつぶってもなかなか眠くならなかった。
パパとママの喧嘩する声をどきどきしながら聞いていたあの夜のように。

カタン!ズッ……カタ……カチャン。ドンッ!

部屋の外でひきずったりぶつけたりする音がしたと思うと、
ドアが開いて、何かがベッドに近づいてきた。

僕は暗闇の中でこっそり薄目を開けてみた。

そこには、リボンのついた自転車を持ったママがいた。

小さなママがあの大きな自転車をここまで運んできたんだろうか?

ハアハアと大きく息を吐きながら、できるだけ音をたてないようにと必死で頑張っている。

サンタらしい服を着て、顔には大きな髭までつけて。

僕はなんだか鼻の奥がツンとなって、目をぎゅっとつむった。

今僕が見たのは、きっと本物のサンタクロースだと思いながら。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。

クリスマス, ショートストーリー, ベリーショートストーリー

ジリリリリリリ!

けたたましいベルの音に飛び起きた彼は、まだ半分しか開いていない目で、特製時計の文字盤を見た。

彼が持っている1年時計の金色の針は、赤いしるしを指していて、今日が特別な日であることを知らせている。

「もう当日か、早いなあ……」

大きな体をベッドから押し出しながら、小さなあくびをひとつして、自慢の髭をつるりと撫でた。

彼が自分で仕事をするのは1年に一度だけ。
けれどそれはとても重要な仕事で、なおかつかなりの重労働。
そして、なにより、彼だけにしか出来ない仕事だ。

大勢の部下たちが半年がかりで準備した資料に目を通し、
今夜の仕事の段取りをして、最後の準備を整えるうち、あっという間に夜が来た。

今夜は特に冷えるようだ。

彼はたっぷりとファーのついた赤いカシミヤのコートを羽織ると、
特製の乗り物に乗って、夜の街へと出て行った。

シャンシャンシャン……

彼の乗り物が奏でる美しい音が遠ざかるのに気づいた部下が、
慌てて彼を呼び止めようと、大きな声で叫んでいた。

「社長、お待ちください!この時計、1ヶ月ほど進んでいます!
まだ12月になっていません!社長!社長……」


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。

ショートストーリー

恰幅のいい男が、作業していた手を止めて、同僚に話しかけた。

「いやぁ、まいったね。
息子が欲しがってるっていうオモチャの名前を妻から聞いて、
早速、買にいったんだけど、どこ行っても売り切れでさ……
仕方ないから、オークションで探したら、どんでもない金額がついてるんだよ。
しかも、金額がどんどん上がっててさ。
なんでもっと早く買って準備しておかなかったんだろう?って大後悔だよ。 」

同僚は同情するように男を見る。

「あー、時間巻き戻んないかなぁ……」

遠い目をする男の手が止まっているのを気にしながら、
同僚も、自分のことを話す。

「え?お前んとこもまだ準備してなかったの?」

ため息をつく同僚。

「そうか……。どこも一緒だな。ハハハ」

準備が遅かったのが自分だけじゃないと知って、
男は少し機嫌が良くなったようだ。

「人間の子ども用のプレゼントなら、こんなにたくさんあるっていうのにな……」

“その日”に間に合わせなければいけないことを思い出した男は、
白いひげをつるんとなでると、赤いジャケットの袖をまくって、
また、大小さまざまなプレゼントの仕分け作業を再開した。

このショートストーリーを掲載のウオッチコレメールマガジン「ブリリアントタイム」は、隔週金曜配信中です。

エッセイ, クリスマス, 子育てエッセイ20000回のキス

私の腕の中にすっぽり入る小さな赤ちゃんだった娘も、はや11歳。
あともう少しで私の背丈に追いつきそうだし、靴のサイズはすでに同じ。
目を見張るような成長ぶりです。

でも……。
実は、まだ、娘のところには、毎年サンタさんがやってきます。

ところが……
先日、娘がお友達とやっている作詞交換日記を見せてくれました。
(娘は複数のお友達とマンガ交換日記やなかよし交換日記など書いてるようです)

そこには、思わず噴出してしまうような、娘たちの作った歌が……。

【サンタのひみつ】 作詞作曲 あやの&まい
サンタのひみつは、みんなのひみつ。
みんなのひみつは、サンタのひみつ。

「ねーねーママァ~おれDSほしい!」
「ダメ!そんな高いもの!サンタが困っちゃうでしょ!おかしにしなさい!おかしに!」
「え!そんな~ママ、本当はサンタなんていなくてママなんでしょ?」

図星!!DSはむりだから~おかしに~してくれ~!

サンタのひみつは、みんなのひみつ。
みんなのひみつは、サンタのひみつ。

「サンタさんにお手紙書こ~♪」
「どれどれ、パパが見てあげよう」
「いやー!サンタさんに出すの~!」
「えっ……でも……」

パパが見ないとプレゼントがあげられないよ~!

サンタのひみつは、みんなのひみつ。
みんなのひみつは、サンタのひみつ。

「う~んよく眠ってる!今のうちに……」
「ガタン!」
「う~ん……あっ!パパ!プレゼント……サンタはパパだったの?だましてたんだ~ウエ~ン!」
「そ、そんな~」

ばれた~!音たてちゃった~

サンタのひみつは、みんなのひみつ。
みんなのひみつは、サンタのひみつ。

子供は、み~んな知ってます。
それでも、なお、我が家には、今年もサンタさんが来るはずです。(笑)

クリスマス, 子育てエッセイ20000回のキス

主人から携帯に電話が入りました。
「あれ、ないんだけど…困ったな、もう一軒行ってみるよ」

カンの良い方ならば、もうお分かりでしょう、
主人が必死になって探しているのは、娘がサンタさんにリクエストしたプレゼント。
大きなおもちゃ屋さんならば簡単に手に入ると思っていたのが間違いでした。
どうやら人気商品のようで、3軒目のそのお店でも、すでに売り切れていたそうです。

娘は毎年、クリスマスには3つのプレゼントをもらえることになっています。
一つは主人の両親から、2つ目は私の両親から、そして3つ目はサンタさん。
毎年、クリスマスぎりぎりまで、誰に何をもらうか迷っているため、
早めにプレゼントを用意することができません。

暮れかかったイブの街を、パパサンタは「リボンちゃんのドレッサー」を求めて走りまわります。
24日のおもちゃ屋さんには、同じようなサンタさんが、いっぱいいるかもしれませんね。

結局それは見つからず、サンタさんは第二希望(だったような気のする)
「ハム太郎のタルトケーキメーカー」を手に、帰路につくことになります。

そして、クリスマスの朝、
枕もとのプレゼントを嬉しそうに持って起きてきた娘は、
包みを開けると、ちょっと怪訝な顔をして、

「ママ、サンタさん間違えてプレゼント持ってきちゃったよ!」

(^.^; う…
「あら、そう?きっと、あやちゃんがずっと迷ってたから、
サンタさんもどれが欲しかったんだかわからなくなっちゃったのよ」
と、かなり苦しい言い訳をしつつ、
「でも、よかったね、ちゃんと来てくれて!わー、いいのもらったね~!」
と、話をそらしてみたりします。^-^; アハハ…

お昼ご飯を食べていると、娘の反応が心配で仕方ないサンタさんから、
様子伺いの電話が入りました。
「あやちゃん、サンタさんちゃんとプレゼント持って来てくれたか?」
「うん、パパ!でもね、間違えて持って来ちゃったの…」

もう少し大きくなって、娘がサンタさんの正体を知ったときには、
こんなエピソードのあれこれを、みんな教えてあげようと思います。
娘はちょっと笑いながらも、パパの大きな愛情を感じてくれるに違いありません。

それまでの、あと何年か、
サンタさんの憂鬱は続きそうです。

世界中のパパサンタさん、子どもたちの夢のために、
来年も頑張ってね!