フォローする

カテゴリー

ショートストーリー, 可愛い彼女

「雨、ふってきちゃったね」

「ふってきちゃったね」

スーパーの出口に立ったまま、どうしようか考えた。

春の天気は変わりやすい。

家を出る時はよく晴れていたから、傘なんか持ってこなかったのに。

「天気予報、ちゃんと見てこれば良かったね」

「うん、よかった……ね?」

娘はまた、私の言葉を繰り返す。

今年、9歳になった娘。

親が言うのもなんだけど、可愛い顔をしていると思う。

でも、頭の発達が普通の子より少し遅い。

しばらく雨が降るのを眺めていたけれど、止みそうにないし、
春の雨は冷たくないから、思い切って歩き出すことにした。

家に着いたらすぐに着替えればいい。

「なっちゃん、いこっか?」

「うん、いこっか?」

娘の手を取って、雨の中に踏み出した。

滴が顔にも降りかかるから、つい、早足になって、
娘の手をひっぱってしまう。

「あ!」

しばらく無言で歩いていたら、突然、娘が立ち止まって言った。

「いっしょ」

「え?何が一緒なの?」

娘の視線の先を辿って、ふたりが繋いだ手を見ると、
娘の手のくぼみに乗った、雨の滴が小さな玉になっていた。

私の指輪が反射して、宝石のように光っている。

「なっちゃんの指輪、綺麗ね」

「きれいね」

繋いだ手をそうっと止めて、ふたりで雨の宝石に見入った。

新しい雨の滴が重なって、金色の輝きが、ゆっくり流れ落ちるまで。

もう、先を急ぐのはやめよう。

「ビショビショになっちゃったけど、ま、いっか」

「ま、いっか」

娘と一緒に、ゆっくりと歩いて行こう。

春の雨は、あたたかい。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。