フォローする

ショートストーリー, バレンタインデー, 怖い話, 秘密

「愛してるよ」 耳元に唇を寄せて囁く時の慎一の声は、普段より少しだけ低くなる。 微かに触れ ...