フォローする

カテゴリー

ショートストーリー, 世にも奇妙な物語

「ええ、音を聞くとはっきり色が見えるんですよ。赤とか、黄色とか……。
我々のような感覚を持つ仲間は、10万人に1人とも、200人に1人とも
言われていますが、本人が言わない限り他者にはわからないので、その実態はまだ掴めていません。
リチャード・E・シトーウィック博士の定義によれば、
“1つの感覚の刺激によって別の知覚が不随意的に引き起こされる”ことを『共感覚』と言い、
私のように音で『色』を感じるタイプの他、
文字で音を感じたり、匂いに触覚を感じたりする方もいらっしゃいます。」

自分の感覚についてぜひ聞いてほしいからこの集いに参加したい
と懇願してきた男は、私の説明を頷きながら熱心に聞いていた。

「それで、あなたにはどんな共感覚があるのですか?」

私がそう問いかけると、男は待ってましたとばかりに口を開いた。

「実は、私、視覚で時を感じるんです。
人の顔を見ただけで、あと50年だとか、30年だとか……」

「といいますと?」

「はい、その人の寿命を感じてしまうんです。これもやっぱり共感覚でしょうか?」

やれやれ。

「共感覚者の集い」のことがマスコミで取り上げられてから、
こういう輩が後を絶たない。

次は、「あなたの寿命は残り少ない」などと言いだすのだろう。

「それで……」

男が少し言い難くそうに、しかし決意したような顔つきで続けた。

「今、あなたの寿命も感じていて……
信じがたいことなのですが、もうほとんど残っていな……」

「ううっ!」

男の言葉をさえぎるように私の口から呻き声が漏れた。

薄れていく意識の中で見た自分の断末魔の声は、
これまでに見たこともないほど美しい色彩で、
この色がもう二度と見られないのかと思うと残念でならなかった。

そして、目の前でおろおろとする男の言葉が本当だったことを知り、
我々には、まだ未知の仲間が数多くいることを悟った。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。