フォローする

カテゴリー

Happyの予感, ショートストーリー

※このショートストーリーは、3部作の第2作目です

それぞれ独立した作品ですが、3作全てをお読みいただくと、よりお楽しみいただけます。

第1作 魔性の女

第2作 覚えている女

いずみ先輩、ちゃんと来てくれてるかな?

私は、さっと会場を見渡して、いずみ先輩の姿を探した。

実は、いずみ先輩と親しくなったのは、ほんの数カ月前のこと。

でも、私は、どうしてもいずみ先輩を式に招待したかった。

その理由は…… 社内に伝わるとあるジンクス。

そのジンクスとはいうのは、「いずみ先輩が出席した結婚式の新婦は、必ず1年以内に子供を授かって幸せになる」というもの。

うちの会社は日本では珍しいくらい、産休制度がしっかりしていて子供を産んでも働ける環境が整っているから、
結婚したらすぐにでも子供が欲しいと思っている女性が多い。

たかがジンクス。

男性であればそう笑い飛ばすかもしれない。

けれど、過去3年で、すでに7人の新婦が子供を授かり、いずみ先輩が出席しなかった4人は未だに子供ができないという事実をみれば、そんな男性だって笑いを引っ込めるに違いない。

これは、もう、ジンクスでは済まないくらい強力な現実なのだ。

社内の女性の間では、本人以外知らない人がいないくらい有名な話で、結婚が決まって、早く子供が欲しいと思った女子社員は、いずみ先輩を式に呼べるよう、親しくなろうと必死になる。

根回しのいい子だと、彼氏ができた途端に、いずみ先輩に紹介し、式が決まればいつでも呼べる準備を整えている。

ちなみに、本人は、このジンクスのことを知らない。

なぜかは分からないのだけれど、もし本人に知られてしまったらジンクスの効き目はなくなると信じられているから、誰も本人には伝えようとはしないのだ。

会場を見まわしていたら、ななねーたんと目があった。

「本当におめでとう!」って言ってくれてるのね。

夫になったばかりの彼が、私を見てにっこり笑った。

あれ?なんだか景色が滲んできちゃった。

涙って嬉しいときにもたくさん出てきてしまうのね。

あ!いずみ先輩もこっちを見てる。

それから、自分の結婚指輪を見つめて、膨らみかけたお腹に手をあてて……
なんだかものすごく幸せそうに微笑んでるわ。

ああ、私もきっとすぐにあんなふうに赤ちゃんを授かって、幸せそうに微笑む日がくるのね。

滲んだ景色の向こう側に、ななねーたんやいずみ先輩の笑顔が揺れていた。

祝福の嵐の中で、ジンクスはもう叶いかけてると思った。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。

ショートストーリー, 切ない記憶

※このショートストーリーは、3部作の第2作目です

それぞれ独立した作品ですが、3作全てをお読みいただくと、よりお楽しみいただけます。

第1作 魔性の女

「月子ちゃん、おめでとう! 本当におめでとう!」

同僚の男性から、「近々結婚する」と聞いたのは3か月前のこと。

相手を聞いて驚いた。

それは、私が小学生の頃、一緒に遊んだお向かいの女の子だったのだ。

その女の子、月子ちゃんは、まだ幼稚園に入ったばっかりで、舌足らずなしゃべり方がとても可愛かった。

本人は、「かなねえちゃん」と言っていたつもりだと思うのだけれど、上手く言えなくて、いつも「ななねーたん」と呼ばれていた。

一人っ子同士だった私たちは、、月子ちゃんが引っ越してきてから、毎日毎日一緒に遊んだ。

月子ちゃんは、まるで、私がこの世の中で一番正しいとでも思っているように、何でも言うことを聞き、私のする事を真似た。

可愛くて可愛くて仕方なかったのに、ある日、月子ちゃんのお母さんからまた、遠くへ引っ越すことになったと聞いた。

私たちは、離れるのが嫌で、二人でどこかに隠れてしまおうとありったけのお菓子を詰めたリュックを背負って家出をした。

草つみをした堤防に沿って、外国についてしまうのではないかしらと思うくらいたくさん歩いて、へとへとになって座りこんでいると、月子ちゃんのお父さんがやってきて、おうちへ帰ろうと言った。

あんなにたくさん歩いたはずだったのに、車に乗るとすぐに家についてしまったことがどうしても信じられなかった。

子供たちの都合なんかで、引越しが無くなるはずもなく、月子ちゃんは翌月引っ越すことになったんだけど、私はどうしても月子ちゃんに自分を忘れないでいてほしくって、ママの時計をこっそり盗んで、月子ちゃんにプレゼントした。

光る石のついたその時計を見る度に、月子ちゃんが「ちれいねえ」と言っていたから。

その時計が、結構高価なものだったと知ったのは、私が大人になってからのこと。

ママもさすがに時効だと笑って許してくれたので、代わりの時計をプレゼントした。

その、月子ちゃんが、同僚の花嫁になるなんて!

同僚に事情を話し、月子ちゃんとの再会を果たすと……

驚いたことに、月子ちゃんの左手首には、あの時計が着けられていた。

「ななねーたん」

あの頃と同じ可愛い声で、月子ちゃんが私を呼んだ。

「覚えててくれたのね!」

「忘れるわけありません!」

毎日一緒に遊んだとはいえ、それは記憶の彼方に見え隠れするだけの、遠い昔の、ほんのわずかな期間のことで、覚えているのは小学生だった自分の方だけだったと思っていたのに……。

すっかり成長して綺麗になった月子ちゃんを見ていたら、なんだかもうたまらなくなって、思わず椅子から立ち上がって、その身体をギュッと抱きしめた。

そうして再会の感激に浸っていると……

「あの、感激はわかるけど……」

と同僚の声がして、顔を上げると、困り顔のウエイトレスさんと目があった。

慌ててコーヒーを注文した後、私たちは顔を見合わせて声をたてて笑った。

今日はそんな月子ちゃんの結婚式。

月子ちゃん、とっても綺麗よ。

そして、同僚に言いたいことはひとつだけ。

月子ちゃんを幸せにしなかったら、私が許さないから!

第3作『幸せを呼ぶ女』につづく。

ショートストーリー, 切ない記憶

「うそっ……」

思わず声が漏れたのは、思いがけない場所であの花菜を見かけたから。

思いがけないところ、というのは、後輩の結婚式会場。

私は、新婦の会社の先輩として参列し、花菜は新郎の会社の同僚として出席していた。

まさか、花菜が新郎の同僚だったとは……

壇上でうれし涙にむせぶ花嫁に駆け寄って、「気を付けなさい」って忠告してあげたい気分だった。

花菜がかなりの美人であることは、ひと目見れば誰でもわかるが、問題は、彼女の美しい外見ではなく、どんな男も惚れさせてしまう驚くべき内面だ。

花菜と一日一緒にいて惚れなかった男がいたら、そいつはきっとホモに違いない。
そう言われたくらい、 学生時代の花菜はモテた。

しかも、男に媚びを売ったり、色仕掛けでモテてたわけでなく、美人のクセに性格も良く、母性も思いやりも色っぽさも全部持ち合わせていたりして、男の方が勝手に熱を上げるからよけいに性質が悪い。

花菜のような女こそが、本物の“魔性の女”なのだと思う。

うっかり彼氏を紹介してしまったばっかりに、彼氏が勝手に花菜にハマって、振られた女も数知れず……。

それでも花菜が嫌な女なら、怨むこともできるのだけれど、なまじ、いい子なものだから、振られた女にとってみれば、怒りの持って行きどころさえない。

そんな花菜が、満面の笑みで、新郎の結婚を祝福しているのである。

もしかしたら、時すでに遅しなのかもしれない、とさえ思った。

花菜のような女は一日も早く結婚して、誰かのものになるべきだ。

できれば、ちょっと嫉妬心の強い、拘束型の男がいい。

外に働きに出ることさえ嫌って、一日何度も電話をして、在宅を確かめるような……。

ああ、私って、なんてヤな女なんだろう。

花菜に悪いところなど一つもなかったというのに。

未だにあの時のことを、心のどこかで根に持ってたなんて……。

そう、私も、彼氏を花菜に取られたのだ……

いえ、正確には、彼氏が勝手に花菜に惚れてしまった、哀れな女のひとりなのだ。

高校時代から好きだった男で、それはかれこれ5年越しの恋で……。

でも、よく考えてみれば、あの時彼が花菜に惚れたからこそ、彼と別れることになって、私の新しい人生が始まったのかもしれない。

私は、リングが光る左手を、膨らみかけたお腹に当てた。

今、私のお腹の中には、3番目の子供がいた。

夫は、あの時別れた彼氏とは雲泥の差の、パッとしない男だけど、バカがつくほど正直で、誰よりも優しくて、なにより、私と子供たちを心から愛してくれている。

そういえば、今けっこう幸せなんだよな、私。

花菜を見かけた動揺もいつの間にかおさまって、遠い日の思い出も、柔らかな霧に包まれていった。

※このショートストーリーは、3部作の第1作目です

それぞれ独立した作品ですが、3作全てをお読みいただくと、よりお楽しみいただけます。

第2作『覚えている女』につづく。