フォローする

カテゴリー

クリスマス, ショートストーリー, 秘密

「ねえ、たっくん、たっくんはサンタクロースに何をお願いしたの?」

ほらきた!まただ。
ママは先週から何度も僕に欲しい物を聞いてくる。

僕はもう2年生なのに、まだサンタを信じているとママは本気で思ってるんだろうか?

サンタの正体がパパだってことくらい、今どき幼稚園児だって知っているのに。

しかも、僕にはパパがいない。

今年の夏、パパとママは離婚したから。

プレゼントの質問はいつも適当にはぐらかしてたんだけど、何度も聞きな
おされるのも面倒だから、「PS……」とゲーム機名を答えようとしてやめた。

そうだ、ママを少し困らせてやろう。

「自転車!僕、自転車が欲しいんだ。今のよりもっと大きいやつ」

「自転車?そ、そう……」

ママは少し驚いた顔をした後、何か考え込むように頷いて言った。

僕のうちではこれまで、サンタのプレゼントは、朝起きると必ずベッドの所に置いてあった。
わっかのついた最初の自転車を貰ったときだってそうだ。

僕の家はエレベーターのついていないマンションの3階だけど、背の高い
パパなら自転車を運ぶくらいなんでもなかったんだと思う。

もし、ママが僕に謝ってサンタの正体を教えてくれたら、
自転車は取り消して小さなゲーム機を買ってもらうつもりだった。

だけど……。

その夜僕は目をつぶってもなかなか眠くならなかった。
パパとママの喧嘩する声をどきどきしながら聞いていたあの夜のように。

カタン!ズッ……カタ……カチャン。ドンッ!

部屋の外でひきずったりぶつけたりする音がしたと思うと、
ドアが開いて、何かがベッドに近づいてきた。

僕は暗闇の中でこっそり薄目を開けてみた。

そこには、リボンのついた自転車を持ったママがいた。

小さなママがあの大きな自転車をここまで運んできたんだろうか?

ハアハアと大きく息を吐きながら、できるだけ音をたてないようにと必死で頑張っている。

サンタらしい服を着て、顔には大きな髭までつけて。

僕はなんだか鼻の奥がツンとなって、目をぎゅっとつむった。

今僕が見たのは、きっと本物のサンタクロースだと思いながら。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。

クリスマス, ショートストーリー, ベリーショートストーリー

ジリリリリリリ!

けたたましいベルの音に飛び起きた彼は、まだ半分しか開いていない目で、特製時計の文字盤を見た。

彼が持っている1年時計の金色の針は、赤いしるしを指していて、今日が特別な日であることを知らせている。

「もう当日か、早いなあ……」

大きな体をベッドから押し出しながら、小さなあくびをひとつして、自慢の髭をつるりと撫でた。

彼が自分で仕事をするのは1年に一度だけ。
けれどそれはとても重要な仕事で、なおかつかなりの重労働。
そして、なにより、彼だけにしか出来ない仕事だ。

大勢の部下たちが半年がかりで準備した資料に目を通し、
今夜の仕事の段取りをして、最後の準備を整えるうち、あっという間に夜が来た。

今夜は特に冷えるようだ。

彼はたっぷりとファーのついた赤いカシミヤのコートを羽織ると、
特製の乗り物に乗って、夜の街へと出て行った。

シャンシャンシャン……

彼の乗り物が奏でる美しい音が遠ざかるのに気づいた部下が、
慌てて彼を呼び止めようと、大きな声で叫んでいた。

「社長、お待ちください!この時計、1ヶ月ほど進んでいます!
まだ12月になっていません!社長!社長……」


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。

ショートストーリー, 世にも奇妙な物語

それは、ある日の会社帰りのこと。
僕の歩く先に何か黒い塊が置かれているのに気付いた。
近づいてよく見ると、革製の鞄で、少し持ち上げてみるとずっしりと重い。

いったい何が入っているのだろう?

辺りに人通りはなく、好奇心が揺さぶられたが、
同時に気味悪くも感じて、しばらくその鞄を見つめていた。

意を決して鞄に手をかけ、開けて中を見てみようとしたその時、
遠くからバタバタという足音が聞こえて男性が息を切らしながら駆けて来た。

「ああ、よかった!ここにあったか。」

男性は大きな声でそう叫んだ。

男性のホッとした様子から、それは間違いなく彼の鞄だと分かったが、
どうしても気になったので訊いてみた。

「それは、あなたの鞄ですか?この中には何が入っているんですか?」

男性は、「これは…… 」と言いかけて一度口をつぐみ、少し戸惑った後、こういった。

「これは、私の大切な忘れものだ。
昔は、無くても構わない…… いや、無い方がいいと思っていたが、
やっぱり必要だということに気付いて、探しに戻ったんだよ」

意味の分からない答に不信感をあらわにしている僕に、男性は続けた。

「それでは、こうしよう。鞄を見つけてくれたお礼に、君にこれをあげるよ。」

男性は自分の着けていた時計を外すと、僕に差し出して言った。

「これはただの時計じゃない。この時計を使っていれば、
そのうち私の言ったことの意味が分かるよ。」

「はぁ…… ありがとうございます」

僕はまだ釈然としなかったが、その時計がなんだかとても魅力的に見えたので、
ありがたく受け取ることにした。

ところが……

その夜から、僕の生活は一変した。

嘘のような幸運が次々と舞い込み始めたのだ。

自宅に帰ると留守電に、学生時代に憧れていた女性からの
メッセージが入っていて、合コンをセッティングしてほしいという。

驚いて電話をかけるとものすごく盛り上がって、まずは二人だけで会おうという話になった。

翌朝会社に出勤すると、時期外れの辞令で、
以前から行きたかった部署への移動と昇進を告げられた。

移動先では、飛び切り美人の新人社員が、僕のアシスタントについた。

仕事は面白くて仕方なく、みるみるうちに業績も上がった。

もう合コンをする暇はつくれなくなったが、
そんな必要などないほど女にモテまくるようになった。

さらに、何気なく買った宝くじが当たって、
これまで見たこともないような大金を手にした。

そして、気まぐれに株を買えば、すぐに上がって驚くような利益が出た。

ギャンブルをしてみても、決して負けることはない。

あれよあれよという間に通帳の預金残高が増えていった。

5年が過ぎ、10年が過ぎても相変わらず女にモテ、仕事では成功し、
金はいくら使っても貯まっていった。

けれど、僕はなぜだか以前ほど喜びを感じなくなっていた。

10年もの間ずっと、とんでもない幸運が続いているというのに、
それを「幸せ」だとも、「有難い」とも感じることができないのだ。

左腕では、あの日男性からもらった時計が、正確な時を刻んでいた。

最近、この時計の針を見つめることが多くなった。

そして僕は、突然ハッと思い出した。

そうだ!こうしてはいられない。
あの日から忘れたままの大切な物を探しにいかなくては……。

10年かぁ、いったいそれは、どれくらいの重さになっているだろう?

僕は、あの日持ち上げてみた鞄の、ずっしりとした重さを思い出して、
少し怖いような、それでいてワクワクするような気持ちで、
大切な忘れ物を探しに向かった。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。

ブログ

滋賀と岐阜の紅葉名所を巡るバスツアーに参加しました。

小雨の月曜日でしたが、大型バス3台が満席の大盛況ぶり。

ジャストシーズンの紅葉がとても綺麗だったことは、
曇り空の中、素人がスマホで撮影した画像でも、いくらかは伝わるでしょうか?


↑滋賀県鶏足寺(旧飯福寺)紅葉の絨毯の上から撮影した写真です。
下の方でも観光客が撮影している様子が見えますね。

鶏足寺紅葉の絨毯下から
↑ネット上の画像でも定番アングルの鶏足寺紅葉の絨毯を下から写した写真です。

多良峡 紅葉
↑緑に混じる赤と黄色が鮮やかな多良峡。夏にキャンプしたら気持ち良さそう!

永源寺1
↑今回の3か所の中で一番綺麗だったのは、ラストの永源寺。

永源寺2
↑澄んだ水に映る「永源寺」の文字、わかりますか?

永源寺3
↑ひときわ赤い中央のもみじがフォトジェニック!

永源寺4
↑夕暮れが迫る戻り路で、光の当たった黄金色のもみじがあまりに綺麗で、ワンショット写真も撮っちゃいました。

この紅葉バスツアーのお話は、メールマガジンにも書いています。
ぜひ、あわせてお読みくださいね。

ショートストーリー, 未来は……

「はぁ~。やっぱり、ミナコさんって素敵ね」

目の前に広がるバーチャルブックを操作しながら若い女がため息をつく。

「そうね、とても私たちと同じ人間だとは思えないわ。
でも、あなただって平成時代ならちょっとした美人だったんじゃない?」

少し年長の女が賛同した後、若い女を軽くからかう。

「平成時代って……もう200年以上昔じゃないっ!」

若い女は苦笑いしながら年長の女の肩を叩いた。

「そういえば、平成時代って私たちみたいな庶民でもみんな“食事”をしていたのよね?」

若い女が聞く。

「そうね、普通の人でも本物の野菜や肉を食べていたみたいね」

年長の女が答える。

「それに、ちょっと信じられないけど、
平成時代の人たちは太るのがイヤで食べるのを我慢してたって……
太るのがイヤだなんて、信じられない!!」

年長の女は、若い女を諭すように言った。

「時代が変わると、価値観も変わるのよ」

西暦2250年。

大規模な気候変動と大きな震災、戦争を経た世の中では食肉も野菜も大変希少で、
食べることができるのは、ごく限られた成功者や大金持ちだけだった。

普通の人間は、合成された疑似食品やサプリメントを摂っており、
皆、均一なとても細い体をしていた。

医療は極限まで発達したが、100年ほど前に延命医療の禁止が法律で決められてからは、
平均寿命もみるみる下がって、今や50歳を切っていた。

「それにしても、ミナコさんって本当に素敵よね」

オートビューにしたバーチャルブックの中で動く立体画像に見入りながら、また、若い女が言った。

若い女が見つめる先では、たっぷりと太った腹を揺らしながらドタドタと歩く中年女、
ミナコがにっこりと微笑んでいる。

本当に、価値観というのは時代によって大きく変わるものだ。

だが、“希少なもの”に価値があることだけは、いつの時代も変わらない。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。

ショートストーリー, 未来は……

宇宙を旅して回っている旅行家が、ある星に降り立ちました。

その星の地上には、大小さまざまな都市があった形跡があり、
かつて、かなり高度な文明が開けていたことがうかがわれます。

ところが、生命体らしきものは全く見当たらず、
どんな生き物が、この文明をつくりあげたのか?も、
それらの生命体がなぜ滅びてしまったのか?も、
想像がつきません。

旅行家が、星をあちこち探っていると、頑丈な素材で作られた
小さなドアが見つかりました。

開け放たれたそのドアからは、地中へと道が続いています。

好奇心に駆られた旅行家は、そのドアから中へ入り、
地中へと続く道を下っていきました。

実は、こうしてドアの奥へと進んだのは、
この旅行家が初めてではありません。

でも、一度中に入って行って、戻って来た者はいません。

ドアのそばには、こんなメッセージが刻まれていましたが、
はるか昔の、その文字を、この旅行家もまた、
解読することはできませんでした。

 ここは21世紀に処分された放射性廃棄物の埋蔵場所です。
 安全な所に保管する必要がああります。
 決して入らないでください。

 放射性物質は危険です。
 透明で、においもありません。
 絶対に触れないで下さい。

 地上に戻って、
 我々より良い世界を作ってほしい。

 近づかなければ安全です。

 幸運を。

ショートストーリー, 恋するキモチ

雨が降っている。

君は雨が嫌いだから、ちょっと浮かない顔をして、
窓の外を眺めている。

もしも僕が魔法使いだったら、今すぐ空に虹をかけて、
君を笑顔にしてあげるのに。

君は時々携帯電話に目をやって、
もう何日もかからない彼からの電話を待っている。

そんなふうにうつむいていたら、
せっかくの綺麗な瞳が、まつ毛で隠れてしまうのに。

君が僕をちらりと見て、
また、大きなため息をついた。

もしも僕が彼だったなら、今すぐその細い肩を抱いて、
君を安心させてあげるのに。

また、雨が降っている。

ほんの束の間晴れた空は、青かったことなど思い出せないほど、
どんよりとした灰色。

君は雨を恨むように、涙の痕が残る顔で、
暗い空を見つめている。

もしも僕が神様だったら、今すぐ時間を巻き戻して、
昨日の夜の出来事をなんて、なかったことにしてあげるのに。

君は携帯電話を操作して、
ずっと大切にしていた番号を消した。

そんなこと本当はしたくなかったから、
大きな君の瞳から、また涙があふれだした。

どれくらい泣いたろう?

君は僕をじっと見て、
こくん、と小さくうなずくと、
どこかへ出かける支度を始めた。

いつの間にか雨は上がって、
空が色を取り戻していた。

もしも、僕が人間だったら、お洒落した君と一緒に、
どこかへ出かけていきたいけれど……

僕は、壁の掛け時計。

でも、いつも、君のことを見守っているよ。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。

ありがとう, クリスマス, ショートストーリー

明るい日差しがクリスマスツリーを照らし、
行き交う人の多さと賑やかな笑い声に、思わず目を細めてしまった。

長い間あんなところでじっとしていると、光と音と人が溢れる外の世界は、
まるで別の国のように感じる。

あまりゆっくりはしていられない。
急いで買い物を済ませ、回診の時間までに戻らなくては。

闘病生活が長くなって、はやく自宅に帰りたいという希望は、
少しづつあきらめに変わっていった。

それでも、巡り来る季節を忘れてしまいたくはなくて、
節目になる行事だけはいつも大切に考えていた。

もうすぐ、クリスマス……。

彼に贈りたいものがあった。

昨日、お茶を煎れてくれた彼の手元を見た時、時計のベルトがすり切れて、
ずいぶんくたびれていることに気がついた。

大通りの向こうにある商店街、少し歩けば時計屋さんがあったはずだ。

流行の服を着た女の子たちとすれ違う。

パジャマの上にスカートをはき、コートで隠すようにしている自分が少し恥ずかしくなった。

病気にさえならなければ今頃……
もう考えるのはよそう、そう決めていた恨み言が一瞬頭をよぎった。

クリスマスソングの流れる商店街の向こうに、時計屋さんの張り出したショーケースが見えた。
メリークリスマスと書いた看板の横に、金色の天使のオブジェが飾られている。

ケースの中央、一番目立つ場所にあった時計に目が引きつけられた。
すっきりとしたデザインで、文字盤のダイヤが上品な輝きを放っていた。
彼の腕にきっとよく似合うだろう。

けれど、その値札には、たくさんのゼロが並んでいて、今の私にはとても手が届かなかった。

私がまた元気になって、働くこともできるようになれば、こんな時計をプレゼントすることだって夢ではない。

そんな日のことを想像しながら、時計屋さんのドアを開けた。

今夜もいつもと同じ時間に会いに来てくれた彼は、
「メリークリスマス!」と言って金色の紙に包まれた小さなボトルを差し出した。

手際よく包みを開けながら、「アルコールは入ってないけどね」といたずらっぽく笑う。

この人と結婚してよかった。

唐突にそんな気持ちがわき上がり、目頭が熱くなった。
こんなふうに彼といられる時間は、あとどれくらいあるのだろう?

「病室の湯飲みじゃ気分がでないだろ」

彼は紙袋からワイングラスを二つ取り出した。
音を立てないようにタオルを押し当てて蓋を開けたのは良かったけれど、
勢いよくわき上がった泡のせいで、中身がずいぶん減ってしまった。

したたり落ちる大量の滴に慌てている彼が、可愛いと思った。

枕の下に隠したプレゼントを渡したら、彼はどんな顔をするだろう?

ようやくつぎ終えたシャンパンの泡に、ベッドサイドのライトが反射して綺麗だった。

二人でくすくす笑いをかみ殺しながら、グラスをぶつけて乾杯をした。

**********

「春江!春江!春……」

胸が重く、息が苦しくなって、目の前が霞んだ。

妻が、たった今亡くなった。

こんなにも早く、こんなにも急にこの日がやってくるなんて……。

時計の文字盤が滲んでいるのを見て、僕は自分が泣いていることに気がついた。

何ヶ月もの間、病魔と闘って、とても疲れていたはずなのに綺麗なままの顔だから、
少し眠っているだけだと思い込みたくなった。

手も頬もまだ暖かく、唇には笑みさえ浮かんでいるように見える。

「春江……」

春江とここで乾杯したのは、まだ、ほんの一週間前のこと。

病室を抜け出してプレゼントを買ってくるほど元気だったのではなかったか。

君が予想していた通り、僕はまず怒ったけれど、本当はたまらなく嬉しかったんだよ。

病院を出たら自分も働いて、文字盤にダイヤのついた高級な時計を僕にプレゼントしたいと言っていたね。

それじゃあ春江の分も買って、一緒にダイヤの時計をはめようって、そう約束したじゃないか。

春江…… 君がくれたこの時計にはダイヤなんてついていないよ……。
君の細い手首には、点滴の針が刺さって、時計さえついていない……。
君はこれまで、僕との約束を破ったことなんてなかったのに……。

春江…… 約束は守らなくてはいけないんだよ!!

そのとき、窓の外から厳かに響く鐘の音が聞こえてきた。
今年の終わりと、新しい年の到来を告げている。

僕は、二人でずっと守ってきたもう一つの約束を思い出した。

「新しい年には新しい気分で」

どんなに喧嘩をしていた年だって、どんなに疲れていた年だって、
新しい年を迎える時には、二人とも笑顔で、新しい気分で新年を迎えましょう。

結婚して初めてのお正月に、そう約束して以来、僕たちはずっと、それを守ってきたんだったよね。

春江、どんなに悲しい年だって、これは守らなくちゃいけないのかい?
だから、君は、そんなふうに綺麗な顔で旅立ったのか。

「そうよ、あなた。新しい年には、新しい気分で」

横たわる春江の唇から、そんな声が聞こえたような気がした。

もうすぐ、新しい年がはじまる。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。

ショートストーリー

「恵子さん、恵子さん」

また義母が呼んでいる。
すっかり日課になってしまった、あの時間が今日も始まる……。

「恵子さん、こんなところに居たのね、あなたに見せたいものがあって探していたのよ」

義母は鍵のついた引き出しを開けると、柔らかな布に包まれた指輪やブローチ、
ネックレスなどを次々に取り出した。

「この黒真珠はね……」

これから約1時間、義母はその宝石類の云われや、どれほど素晴らしいものなのかを、長々と話し始める。
一字一句間違わずに言えるほど、何度も聞いた同じ話には、もういいかげんうんざりしていた。

義母が呆けていることに気づいたのは、3ヶ月前。

今食べ終えたばかりの食卓を見て、自分の分が残っていないと怒り出したのがきっかけだった。

医者も友人達も、自分のことが自分でできるだけましだと言い、
その話を聞くだけで済むのならば聞いてあげた方が良いと言う。
他人事だからそんなことが言えるのだ。
毎日毎日同じ話を1時間も聞かされる身になれば、その辛さがどれほどかわかるだろう。

しかも、義母は話の最後をいつも必ずこう締めくくる。

「どれも素晴らしいお品でしょう。
啓子さんのように庶民的な方には似合わないかもしれませんけれど。」

義母の父親は男爵の称号をもらっていて、自分は華族出身であったというのが自慢だった。
今では裕福さのかけらも留めていないこの家にあっても、その気位の高さだけは失っていなかったのだ。
栄華を極めた日々の名残である、いくつかの宝石類だけが、彼女の自尊心を支えてきたのだろう。

それにしても、高価な宝石類を毎日見せ付けられたあげく、
「あなたには似合わない」と言われ続ける私の気持ちは、もう、限界に近いところまで来ていた。

全て売り払ってしまえば、今より楽な生活ができるかもしれない。

呆けた義母を施設に入れて、全ての宝石を売り払い、古い家を改築して、
ゆったりと過ごす日々を想像しながら、毎日繰り返される義母の話に耐え続けた。

そんな日々に突然終わりが来たのは、真夏だというのに涼やかな風が吹く朝だった。
穏やかで、あまりにもあっけない義母の最後だった。

葬儀が済み、初七日も終えた後、義母が生前自分に何かあったときにと
弁護士に預けてあったという手紙が届いた。

どうということもない文面に、長かったけれど浅かったのかもしれない義母との付き合いを思ったが、
最後の一行にハッとして、自分の目を疑った。

私が大切にしていたものについて、
あなたはもう十分に理解していることでしょう。
いつも話を聞いてくれてありがとう。
宝石は、全て恵子さんに贈ります。
どれも、きっと、よく似合うことでしょう。

「どれも、きっと、よく似合う……」
あれほど望んでいた日が来たというのに、悲しみの涙がとめどなく溢れ出した。

「この黒真珠はね……」と話始める義母の声がたまらなく聞きたくなった。
涙の粒が頬を伝って、握り締めた黒真珠の上に落ちた。

黒真珠はいつも通り、気高い光を放っていた。

売りさばいてしまいたいと思っていた宝石類だったが、
結局、また、鍵のついた引き出しに大切にしまわれることになった。

いつの日か、私も、息子の嫁を前にして、この黒真珠の云われを話すのかもしれない。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。

ショートストーリー, ベリーショートストーリー

僕はひつじ。

さきちゃんは僕の命の恩人なんだ。

僕はあともう少しで、燃え盛る火の中に投げ込まれる運命だった。
でも、さきちゃんが涙を流して、僕を助けてとお願いしてくれたんだ。
お願いは聞き入れられて、僕は黒こげにならずに済んだ。

僕はさきちゃんが大好きなんだ。
さきちゃんはとても優しくて可愛い。

さきちゃんのママは、さきちゃんが泣き虫だって心配してるけど、
僕は、さきちゃんがすぐに泣いてしまうのは優しすぎるからだ、って知ってるよ。

僕は今、さきちゃんの部屋のタンスの上で、
大好きなさきちゃんが、毎日泣いたり笑ったり遊んだり勉強したりしてるのを見てるんだ。

僕はひつじ。
さきちゃんとお友達が、幼稚園の作品展で、一生懸命作ってくれた、
紙と毛糸でできたひつじ。

これからもずっと、さきちゃんと一緒だよ。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。