フォローする

カテゴリー

天使の失敗

2018/01/13

「うわあああああ!またやっちゃった!」

僕の彼女はとても可愛い。

でも、救いようがないほどのドジ。

今も、ほら、僕のためにチョコケーキを作るんだとか言って
砂糖をみんなひっくり返した。

呆れてものが言えないけれど、
必死になってるその姿が可愛くて、
まあいいか、って思うんだよね。

今日のチョコケーキはお砂糖抜きかな?

彼女が今ひっくり返したお砂糖は、下の世界に落ちて行っちゃった。

「あっ!雪?」

彼女が空を見上げて言った。

空は晴れてるというのに、キラキラ光る白いものが舞い降りてくる。

「光ってて、きれいね」

「うん、きれいだね」

僕は、君のがずっときれいだよ、と心の中で思いながら、
彼女の言葉に同意した。

そして……

「寒いね」

彼女をぐっと引き寄せる良い口実ができたことを
白い雪に感謝した。

ふふ。

僕の彼女は、救いようがないドジ。

でも、ぼくだけじゃなくて、下の世界の人たちまで
ちょっと幸せにしてるみたいだ。

 

このショートストーリーを掲載のウオッチコレメールマガジン「ブリリアントタイム」は、
隔週金曜配信です