フォローする

カテゴリー

バカンス

2018/01/20

その日、俺は頭痛がして目を覚ました。胸のあたりがムカムカとしていた。

昨日は少し飲みすぎたようだ。
窓の外はまだ暗い。
何時だろう?

枕元の腕時計に手を伸ばして時間を確かめる。

5時35分。

沙紀との約束にはまだだいぶ時間がある。
もう一眠りしても大丈夫だろう。

頭痛を振り払うように目を閉じると、俺はもう一度布団にもぐった。
ハッとして目を覚ますと、窓から日差しが差し込んでいる。

何時だ?

反射的に確かめた時計の針は、7時40分を指していた。
よかった。
だが、そろそろ起きなくては間に合わなくなる。

沙紀は時間に厳しくて、約束に遅れると機嫌が悪い。
まだズキズキとする頭を振りながら、のろのろと布団から這い出して、セーターを着た。

豆をひいて、サーバーのスイッチを入れる。

部屋に漂う香ばしい匂いにようやく意識がはっきりとしてきた。

熱いコーヒーをゆっくりと飲みながら、これから始まる沙紀とのバカンスを想像した。

二人で旅行するのは初めてじゃないが、これまではいつも車だった。

「飛行機で出かけるなんて新婚旅行みたい!」

そう言ってはしゃぐ沙紀の顔は、子どもみたいで可愛かった。

思い出し笑いを押し戻して、珈琲カップをシンクに突っ込む。

さあ、沙紀を迎えに行くか。

時計を腕にはめて、時間を見ると……7時40分。

?!

時計の針は止まっていた。
「くそっ!」

携帯電話を開いて確かめた時刻は、すでに9時17分。

沙紀との約束は9時30分。

あと15分もしたら、この携帯が鳴リ出すに違いない。

JAL903便;羽田発沖縄行きは、10時50分発だ。

間に合うだろうか?

沙紀の家までは、少し飛ばせば30分で行けるだろう、

だが、空港までの道が少しでも混んでいたら……

続いていたはずの頭痛も吹っ飛び、沙紀が怒る顔が浮かんだ。
アクセルを踏み込みながら、言い訳を考えてみる。

「時計が止まっていたんだよ」

これは本当のことだが、沙紀を余計に怒らせそうだ。
だって、この時計は、沙紀がプレゼントしてくれたものだから。
俺の好みをよく知っている沙紀が、誕生日に用意してくれたレアな時計は、

ロシア製のクロノグラフだった。

イカしたそのフォルムに、沙紀のセンスの良さを再確認した。
しかし……

ロシア製の性能がどうこうという噂は本当だったようだ。
携帯が鳴ってから2時間くらいの出来事は、思い出したくもないくらい酷いものだった。

それでも、今、沙紀は俺の隣で、この上ないほど幸せな顔で居眠りをしている。

サイドテーブルに置いたクロノグラフが、明るい日差しを跳ね返して光っている。

俺はサングラスを少し上げて、真っ青な海の色に目を細める。

最高の気分で冷たい飲み物に手を伸ばしながら、

最悪の状況が一瞬にして逆転した瞬間のことを思い出していた。
すさまじい喧嘩をしながら入ったファミレスで飲むコーヒーは、

二人で飲む最後の飲み物になるはずだった。

ところが、ドアを開けたとたんに鳴り響いたファンファーレに驚いていると、
満面の笑みで歩み寄ってきた店長が告げた。
「いらっしゃいませ!おめでとうございます!!

お客様は当店へお越しいただいた記念すべき10万人目のお客様です。

記念の商品といたしまして、ペアでいく豪華ハワイ旅行6日間の旅をお受け取りください!」
人生、何がラッキーに繋がるか分からないものだ。