読み切りショートストーリーとエッセイを楽しむWebマガジン

  1. ショートストーリー

座右の銘

「たった1つの決断が人生を変える」
というのは自己啓発書でよく見かける文句の1つだ。

だが、私の人生は正に、あの時の思い切った決断で変わった。

あれは14年前の夏の終わりのこと、
残業帰りに立ち寄った飲み屋街の路地裏で初老の占い師に会った。

その辺りで飲むことは少なくなかったが、
占い師を見かけたのは初めてだった。

看板も電灯もなく、「占い」と書いた机を前に座っている老人を、
すぐ脇の街灯が照らし出していた。

その占い師の、見えないものを見ているような目が気になって、
思わず足を止めたのだ。

当時、年上の女性と付き合っていた私は、
3年目に入った関係をどうにかしなくてはいけないと考えていた。

彼女は、同級生だと言っても通用するほど若々しくて魅力的だったが、
年齢は10も上のバツイチで、小学生の娘までいた。

少し遊んだらすぐに別れるつもりで付き合い始めたというのに、
数か月もしないうちに別れることなど考えられなくなって、
気づけば2年が過ぎていた。

ある日、彼女や彼女の娘と一緒に食事をしていて、
本当に幸せだと感じている自分に愕然とした。

彼女が結婚を望んでいる様子は微塵もなかったし、
別れたいと言えば、微笑んですぐに受け入れてくれるに違いなかった。

だが俺は、まだ彼女と別れたくなかったし、
かと言って、結婚する勇気もなかった。

海外勤務の打診を受けたのは、そんな矢先のことだった。

上司は、しばらく日本には戻れないから、
付き合っている女性がいるなら、身を固めて連れて行ってはどうかと言った。

これを機に彼女ときっぱり別れるべきか?
それとも……

普段なら見向きもしないはずの占い師に
引き寄せられるように近づいて行って声をかけた。

「あの、ちょっとみてもらえますか?」

多くを語らない占い師に信頼感を持った私は、
彼女のことや自分のことを、堰を切ったように話した。

あれほどまでに素直な気持ちを他人に吐露したのは初めてだった。

穏やかな表情で話を聞き続けていた占い師が
ほんの一瞬顔色を曇らせたのは、
「やっぱり彼女とは別れるべきでしょうか?」と尋ねたときだった。

苦し気にさえ見えた占い師の表情に驚き、
「こんなに歳が離れていて子どもまでいる相手でも
結婚してうまくやっていけるでしょうか?」と尋ねると、
占い師の目元に笑みが戻った。

それから占い師は、穏やかな表情のままただじっと、私の話に耳を傾けた。

そして最後に、「私はどうしたらいいのでしょう?」と尋ねると、
落ち着いた声でただ一言、「思うままにしてよし」と言った。

それは、勇気を持った私の未来を肯定するような厳かな声だった。

彼女が実は英語もフランス語も堪能な才女だと知ったのは、
プロポーズして海外勤務への同行を求めた後だった。

2年も付き合っていても、まだ見せていない面を持っている彼女に驚き、
益々惹かれたことは言うまでもない。

今、こうして、重要な海外拠点の支社長を務めることができているのも、
妻の協力があったからだ。

人生を変えた決断を促したあの一言が、
今では私の座右の銘になっている。

「思うままにしてよし」

『座右の銘』は、『思うままにしてよし』のスピンオフ作品です。合わせてお読みいただくと、よりお楽しみいただけます。

こちらの記事もいかがですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。