フォローする

チョコレートケーキ

2018/04/14

「愛してるよ」

耳元に唇を寄せて囁く時の慎一の声は、普段より少しだけ低くなる。

微かに触れた唇の振動が快感になって体の芯まで駆け抜ける。

「あ……」

言いたい事があったはずなのに、口を開くよりもずっと早く体がぴくんと反応するから、
慎一は私の言葉など待たずに、深いところに指を進める。

別の生き物のように動く指先が私の頭を混乱させて、
慎一への不信感も、問い正そうと思っていた事柄もみんな忘れてしまいそうになる。

それでも、わずかに残った理性を振り絞って
言葉を押しだそうとする唇を、慎一の熱い舌が奪う。

強引に押し入り、舐め回し、包み込む濃厚なキスで、漏れ出す言葉が吐息に変わる。

今日も、また、何も聞けない……。

「ごめんな、百合。今日は泊まっていけないんだ」

ワイシャツのボタンを留めながら、こちらを振り返りもせずに慎一が言う。

よそよそしく白いシャツの背中を見ながら、
幸福な時間があっという間に過ぎ去った事を思い知る。

今日は、じゃなくて、今日も、でしょ。

頭の中ではそんな皮肉も言えるのに、口をついてでるのは別の台詞。

「今度はいつ会えるの?」

「最近仕事が忙しいんだ。またこっちから連絡するよ」

そして慎一は、忘れ物にでも気付いたように向きを変えて
私の傍までやって来ると、耳元に唇を寄せて、一段と低い声で囁いた。

「愛しているよ」

私は軽いため息をつき、今度はちゃんと口を開く。

「私も愛してるわ、慎一」

私はみんな知っていた。

今の慎一の「愛してる」に、もうそれほど愛がこもっていないことも、
慎一がこの部屋のドアを閉めてまだ早い夜の街に出た途端、
携帯電話であの女に電話していることも……。

*********

キッチンには甘い香りが満ちている。

バレンタインに慎一へ贈るために、私は特別なチョコレートケーキを作っていた。

私の愛が、どれほど深く大きいかを、慎一にもちゃんとわかって貰わなくてはいけないから。

卵白を泡立てながら、昨夜の事を思い出す。

どうしても慎一に直接問いただすことが出来なかった私は、
慎一の携帯電話を調べて、あの女のことを突き止めた。

高台にある女のマンションの部屋は、この部屋よりも数倍広くて新しかった。

女の部屋に通されてすぐ、私は単刀直入に切り出した。

「慎一さんと別れて下さい」

女は私の顔をまじまじと見詰め、それほど驚きもしない様子で言い放った。

「あら、別れるのはあなたの方なんじゃない?
慎一は優しいからまだあなたのことが切れなかったのね」

そして、私の顔の前で、ダイヤの指輪がはまった左手をひらひらと振って見せた。

よく見ると、広くて新しい部屋の隅には、電化製品の入っていた段ボール箱がいくつも重ねられていた。

私の視線に気付いた女が追い打ちをかけるように言った。

「もう、準備を始めているのよ」

こんなふうに訪ねて来る女がいるというのに、
不安など微塵も感じてい傲慢な笑顔で、女がにっこり微笑んだ。

押さえようの無い怒りと大きな屈辱感と悲しみで、私の頭は混乱した。

咄嗟に、はずしたばかりのマフラーを手にすると、女の後ろに回り込んでその細い首に巻き付けた。

端を両手でしっかりと持ち、全身の力を込めて引っぱった。

女の白い耳たぶが目に留まると、慎一の囁く声が思い出されてマフラーをさらに強く引っ張った。

カチャン。

泡立て器が手からすべって、ふと我に返った。

泡立てた卵白ををつぶさないように、別立てした卵黄を流し込む。

そこにふるった粉をさっくりと混ぜた後、
その中にあの女のしていたダイヤの指輪を放り込んだ。

よく輝く透明な石は、生地に埋もれて見えなくなった。

それから私は、ハンカチに包んだ固まりを取り出し、それも生地の中に入れ込んだ。

昨日はとても白いと感じたはずのそれは、どす黒いような汚い色に変わっていた。

ケーキが不味くなってしまうかしら?

溶かしたチョコレートを加えてかき混ぜるとき、褐色の中に浮き沈みする固まりを見て、
ちゃんと焼けるか気になったけれど、やっぱりそのままオーブンに入れた。

「不味くっても仕方ないわね、悪いのは慎一だもの」

小さく微笑みながら、声に出して言ってみる。

慎一の「愛してる」を聞くのは私の耳だけで十分なのに、
あんな耳にも囁いていた慎一が悪いんだから……。

オーブンから甘く香ばしい香りが漂い始めた。

慎一のためだけの特別なチョコレートケーキが、もうすぐ焼き上がる。

『チョコレートケーキ2018』もぜひ合わせてお読みください。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。