読み切りショートストーリーとエッセイを楽しむWebマガジン

  1. ショートストーリー

GW

俺は大学を出るとすぐに、希望する仕事につき、
瞬く間に業績を上げて、同期の中で一番早く昇進した。

仕事は俺の生き甲斐で、休日を待ちわびる奴らの気が知れなかった。

休日なんて、全て無くなってもいいと思ったし、
大型連休などと言って何日も遊んでいる奴らを見ると、
そういう奴らが日本を駄目にしているのだと、本気で考えた。

だから、休日が楽しみだったことなど未だかつて無い。

しかし、今年ばかりは、ちょっと事情が違った。

もうすぐやってくる休日を、どきどきしながら待ちわびている。

俺の机のカレンダーに目を留めた同期入社の部下が、驚いたような顔で言った。

「へえ、高橋さんでも休みを気にすることがあるんですねぇ」

カレンダーには、びっしり書き込まれた仕事の予定に混じって、
赤ペンで「GW」の文字が書いてあった。

俺は体が熱くなるのを感じながらも表情を変えずに言った。

「ああ、たまにはゆっくりするのもいいかと思ってな。」

これは、嘘だ。

本当は、「GW」と書いた日は、忙しい一日になるに違いない。

なぜなら、俺が書いた「GW」は、ゴールデンウイークの略ではなく、
後藤若子のイニシアルだから。

仕事一筋だった俺が、3か月前に出会って、急速に親しくなり、
次に会う予定の日には、ダイヤの指輪を渡すつもりの女性だ。

実は、連休後に選考が始まる、北京支社長に選ばれるためには、
「妻帯者」であることが条件になっている。

支社長の座につくのは、俺だ。

なんとしてもGWにうんと言わせて、支社長になってやる。

こちらの記事もいかがですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。