フォローする

カテゴリー

Happyの予感, ショートストーリー

その日は毎年恒例の報告会で、全国各地区のリーダーが一堂に会した。

「えー、では、まず、昨年の報告からお願いします」

司会者が告げると、成績トップ地区のリーダーが立ち上がった。

「はい、私たちの昨年の達成率は75.2%で、一昨年に引き続き大変好調です」

トップ地区のリーダーは、誇らし気に好調な状況の詳細を話し、
今年は目標達成率を90%に引き上げると豪語して会場をざわつかせた。

次に報告した成績2番手のリーダーも、優秀地区常連の余裕を見せながら
昨年の反省と今年の目標を語った。

成績順に報告が進む中、肩身が狭そうにしていたのは、
最下位争いをしている地区のリーダー達だ。

最下位地区のリーダーは、トップ地区の半分にも満たない達成率を、
申し訳なさそうに報告した。

全ての報告が終了すると、お決まりの訓示があり、
「えいえいおーっ!」と全員で勝鬨の声を上げて、報告会は終了した。

ここからは皆が楽しみにしていた新年会だ。

日頃なかなか会えない仲間とも、この日ばかりは一緒に飲んで語り合える。

「目標達成って言ってもさ、なかなか厳しいんだよなぁ」

最下位争いをしていた地区のリーダーが日本酒をグイっと飲み干していった。

「そうそう、俺たちがいくら頑張ったところでどうにもならないことも多いしなぁ」

なんとか最下位を免れた地区のリーダーが、スルメを噛みながら言った。

「やあ!君たち飲んでるかい?」

すでに出来上がっている様子のトップ地区リーダーがやってきて、上機嫌な声で言った。

「君たちは、簡単な案件から処理しようとして、案件を選んでるんじゃないか?」

トップ地区のリーダーは機嫌の良い声のまま話を続けた。

「簡単な案件から手を付けた方が早く成果を出せると思っているかもしれないが、
実はそうじゃないんだよなぁ。
なぜだかわかるかい? 選ぶ時間がロスになるからだよ。
じゃあ、どうするのか? 内容なんて確かめないで、片っ端から対応していくのさ。
そりゃあ、中にはややこしい案件や、とんでもない案件もあるけれど、
それはそれで、成就させる手ごたえを楽しめばいい」

成績トップ地区のリーダーともなると、ややこしい案件でさえ楽しめるのかと
最下位争いリーダーたちは驚きながら話を聞いた。

しかし、トップ地区のリーダーの話にも一理あるかもしれないなぁ、
今年は彼を真似てみよう。

最下位地区のリーダーは素直にそう考えた。

彼らは皆、元来素直で、前向きな性質なのだ。

トップ地区のリーダーに、仕事のやり方をさらに詳しく聞いた最下位争いリーダーたちは、
地元に帰って部下たちに、去年とは違う指導をしようと考えていた。

リーダーたちの地元では、松の内の間に集まった
あふれんばかりの“願い事”が山積みになっていた。

もちろん、中にはややこしい願い事や、とんでもない願い事もたくさんある。

去年は避けていたそれらの願い事を叶える手助けも、今年は片っ端からやっていくことにした。

新年会から戻った神様のリーダーたちは、今、おおいにやる気になっている。

今年初詣に出かけた人間は、どんでもない願い事を叶えられるかもしれない。

ショートストーリー, 世にも奇妙な物語, 怖い話

ピンポーン、ピンポーン!

チャイムの音にドアを開けると、そこには響子が立っていた。
頬をわずかに染めながら、興奮気味の声で話し始める。

「祥子ちゃん、朝早くからごめんね、親友のあなたにには一番に知らせたくって……」

こうして響子が訪ねてくるのは、今日でもう5日目、
私は少し悲しくなりながら、5日前に響子のおばさんとした会話を思い出していた。

「祥子ちゃん、響子の様子がおかしいの……
昨日あんなことがあって、ショックだったのはよくわかるけれど、それにしても、普通じゃないの……
おばさん、もう、どうしていいかわらかなくって……。
祥子ちゃん、おばさんを助けて!」

おばさんは涙ぐみながら、響子の異変を訴えた。

本当ならば響子は今頃、新婚旅行でドイツの街にいるはずだった。

響子を幸せの絶頂から突き落とし、こんなふうにしてしまったのは、あの男だった。

青い空が眩しいその日は、響子が新しい門出を飾るのに絶好の美しい日曜日。
真っ白なドレスに身を包んだ響子は、その細い指に光るダイヤモンドリングと同じくらいに輝いていた。

けれど……
式の準備を整えた響子がいくら待っても、あの男はこなかったのだ。

式場側の判断で、招待客には上手く言い訳をして帰し、
それでも、響子はドレスを脱がずに、日が沈むまであの男を待っていた。

下唇をぐっとかみ締めて、ダイヤのリングを見詰めながら……。

響子がダイヤの指輪をそっとはずしたのは、黒い空に丸い月が昇った頃、
警察からあの男についての連絡が入ったあと。

あの男が、前科3犯の結婚詐欺師だったことがわかったから。

響子は、気丈にも、浮かんだ涙をぬぐい去って、ずっと付き添っていた私に言った。

「祥子ちゃん、ありがとう、いろいろと心配をかけてごめんね。
私は大丈夫だから」

大丈夫なはずなどない、とわかってはいたけれど、
それ以上どうすることもできないまま、私は自宅に戻ったのだった。

翌日、響子は朝早くから私の家にやってきて、
偽物だったダイヤのリングを見せながら、こう言ったのだ。

「祥子ちゃん、朝早くからごめんね。親友のあなたには、一番最初に知らせたくって……
昨日、彼からプロポーズされたの」

響子は本当に昨日プロポーズされたばかりのような様子で、私にその一部始終を話し、
話し終えると、軽やかな足取りで帰って行った。

動揺したおばさんがやってきたのは、それからしばらくしてから。

一睡もできないで泣いていたらしいおばさんと響子をともなって、
病院の門をくぐったのは翌日のこと。

診断は、強度のショックによる一過性の記憶喪失だったが、
彼女の精神状態は非常に不安定で、今後どんな症状が出てくるかわからないため、
あまり反論したりせず、穏やかに調子を合わせ、その様子を見守るようにとのことだった。

そして……
こうして響子が偽の婚約指輪を見せにきたのも、今日で5日目。

彼女の時間は、あの男がプロポーズした日の翌日のまま、
止まってしまっているようだった。

私は、涙ぐまないように注意しながら、響子の話に頷いていた。

そこへ、奥から母の呼ぶ声がした。

「祥子ちゃん、祥子ちゃん、大変よ!」

玄関まで私を呼びに来た母は、響子と話している私を見ると目を見開いて後ずさりした。

「祥子ちゃん、あなた、いったい誰と話しているの……? 」

その時、リビングのテレビからは、ニュースを読むアナウンサーの声が聞こえていた。

「今朝未明、東京都多摩川のマンション屋上から女性が身を投げ死亡しているのが発見されました。
女性は一週間前に結婚詐欺の被害に遭っており……」

ショートストーリー, 世にも奇妙な物語, 未来は……

このショートストーリーは、「博士の失敗」の続編です。
単独でもお楽しみいただけますが、合わせてお読みいただくとよりお楽しみいただけます。

他界した博士の研究室を片付けたのは、小さな遺品整理業者だった。

玲子は、その遺品整理業者でパートを始めたばかりの主婦だ。

遺品整理の仕事は決して楽ではないが、お給料は悪くなかった。

それに、玲子のような50代後半で何の特技も持たない主婦にとっては、
雇ってもらえるだけでありがたかった。

博士の研究室だったという現場での作業を終えて車に乗り込むと、
社長が缶に入ったキャンディを差し出した。

お礼を言って1つとり、口に入れると、さわやかな香りと甘酸っぱい味が口内に広がった。

「さっきの現場でいただいたんだ」と言いながら、社長も1つ取って口に含む。

すると……

社長の顔が一瞬にして老けたような気がして、玲子はとても驚いた。

慌てて鏡を覗き込むと、そこには10歳くらい若返って見える自分が映っていた。

いったいこれはどういうこと?!

息が止まるほど驚いた日から1年。

玲子はアンチエイジングサプリメントの販売で起業していた。

起業から3年後、何度か改良されたアンチエイジングサプリは、
誰もが毎日口にする常備薬になっていた。

それからさらに5年が過ぎて、
街では、かつての老人の姿をした人を、ほとんど見かけなくなった。

世の中は一旦何かのスイッチが入ると、加速度的に変化していく。

自分の研究成果が引き起こしたこの大変化を
博士は遠い空の上から、どんな気持ちで眺めているのだろう?

ショートストーリー, 世にも奇妙な物語

博士と助手は静かに喜びをかみしめていた。

人生をかけた研究が、今まさに実を結ぼうとしているのだ。

博士が手にしているのは、人を若返らせたり成長させたりできるキャンディだ。

幼い頃、漫画好きだった博士は、小さなキャンディを食べた少女が
大人になったり赤ん坊になったりする漫画を見て、
いつか自分もそんなキャンディを作りたいと考えたのだった。

努力をたくさん積み重ね、長い年月を費やして、
ようやく、このキャンディを完成させた。

博士は早速、自分たちで試してみようと、
食べると10歳若返るキャンディを、弟子に手渡し、
食べると10歳成長するキャンディを自分の口に放り込んだ。

キャンディはとても美味しくできており、2人はしばらく味わってから
ポリポリとかみ砕いて飲み込んだ。

すると……

弟子は、少し体が楽になったように感じたものの、
鏡を覗いて顔を見ても、大きな変化は見つけられなかった。

ところが、博士の方はというと、
うっと小さく呻いたきり、目を閉じて動かなくなってしまった。

「博士!博士!!」

弟子は、博士をゆすって泣きながら、2人の研究は失敗に終わったのだと考えた。

しかし、実際のところ研究は大成功で、
キャンディはちゃんと2人を若返らせたり成長させたりしていたのだ。

ただ、研究に没頭しすぎた2人の年齢は、すでに85歳と86歳だっため、
2人はその大成功に気づくことができなかった。

ショートストーリー, 可愛い彼女

「パンパカパーン!新しい一週間がはじまりまーす!」

「ねえ、あなた、起きて!爽やかな朝よ!」

窓を開けながら話しかける、君のよく通る声が響く。

日曜だというのに、いつもと変わらない時間に起きだした君は、
鼻歌交じりに朝食の支度にかかる。

「早く起きてねー!今週はスペシャルウイークよ!」

キッチンから大声で叫ぶ君の声は、底抜けに明るい。

……ったく、何が爽やかなもんか。
起き上がったとたんに汗が吹き出るのを感じるほど、蒸し暑い朝だというのに。

「おねぼうさん、やっと目が覚めた?」

食卓で新聞を広げる僕に、目玉焼きを持って来た君が話しかける。

「ね? スペシャルウイークの始まりよ!」

いたずらっぽい目で僕の顔を覗き込んで、君は「言葉」を待っている。

結婚した3年前、どうせ最初だけだろうとたかをくくって、面白半分でした約束。
年に2回のスペシャルウイーク。
この習慣を、君が死ぬまで続けるつもりだったことに気付いた時には、
もう、やめられなくなっていた。

「あ・な・た?」

いつのまにか牛乳やトースト、コーヒーサーバーまで運び終えた君が、
もう一度僕の目を覗き込んでいた。

僕は意を決して君の瞳をまっすぐに見詰め、あの言葉を口にした。

「ハッピーバースデイ、わかこ。いつも君を愛してるよ」

この少々気恥ずかしい言葉を口にするのは、年に2週間。
バースデイと結婚記念日のある週だ。

この習慣を、君は「スペシャルウイーク」と呼び、楽しげに友人達に話しながら、
僕はできるだけ人に知られないようにしながら、3年間守り続けてきた。

小さな顔の中で大きな場所をしめる、クリッとした目を輝かせて、
本当に嬉しそうに笑う君。

僕は、誰よりも素敵なこの笑顔が好きだ。

「ありがとう」と満足げに言った後、君は大きな口を開けてトーストにかじりつく。

こんな朝食は、今日から一週間続くことになる。
なんたって、今週は、「スペシャルウイーク」なんだから。

もしかしたら、このスペシャルウイークを本当に楽しみにしているのは、
僕の方なのかもしれない。

君が開けた窓からは、高原のそよ風のように涼しい風が吹き込んで……
なんていうわけはなく、どちらかというと、ドライヤーの温風に近い風が入り込む。

「ねえ、わかこ、そろそろクーラーいれないかい?」

額に汗を光らせながら、目玉焼きを頬張る君に、僕はさりげなく言ってみた。

[s_ad]

ショートストーリー, 未来は……

「こんな能力、役に立たないよ!」

子供の頃、何度、そう言って拗ねただろう。

僕は、地球を担当する神の家に生まれた末っ子。

兄たちは、空気と水と大地を司る能力や、生き物を生み出す能力を持っている。

兄たちの能力のおかげで、僕らが担当する“地球”には、海や山があって、
森が茂り、生き物が住んでいる。

最初は単純だった生き物もだんだん進化し、分化して、
今では僕たちにそっくりな姿をした、「人間」が暮らしている。

人間はどんどん賢くなって、そのうち海を埋め立てて山を削り、
森を切り開いて「都市」というものをつくるようになった。

地球のあちこちで発展した都市の中では、人間たちがせわしなく動き、
他の生き物を支配して君臨している。

ところが、人間は他の生き物の上に君臨するだけでは満足せず、
他の都市の人間も従えようとするものだから、
ひっきりなしに争いが起こり、それが繰り返されるようになった。

兄たちは争いをやめさせようと、新しい大陸を作ったり、
新しい生きものを誕生させたりしたけれど、
人間はそれを分け合うのではなく、取り合ってまた争った。

そして、ついに……

人間は、自分たちが築きあげてきた都市まで壊し始めた。

海と山と森を壊してまでつくった都市だというのに、
その都市の空と水に毒をばらまきはじめたのだ。

悪い病気が蔓延して、人間ではない生き物がたくさん死んだ。

兄たちは驚いたけれど、人間はまるで、自分たちには関係ないという様子で、
毒をばらまき続けている。

人間は、僕が思っていたよりずっと、愚かな生き物なのかもしれない。

兄たちは、もう、人間を助けるのはやめよう。
殺しあっていても、毒をまいていても、好きにさせておこう。
そう、話し合ったようだ。

このままいけば、あとほんの少しで、地球から人間はいなくなる。

そしたら、また、兄たちが協力し合って新しい地球を一からつくり直すことになるだろう。

でも、僕は、もう少しだけ、人間にチャンスをあげてもいいんじゃないかと考えた。
そして、思い出した。

僕が持っている、あの“能力”のことを。

僕が持っているのは、時間を少しだけ巻き戻す能力。

僕は今、どこまで時間を巻き戻すか決めるため、
人間はいつからこれほど愚かになってしまったのかを調べているのだが……

もしかしたら、兄たちの意見に賛成するべきかもしれない
と考え直しはじめている。

ショートストーリー, ベリーショートストーリー

ああ、どうしよう? 時間が足りない。

俺は難解な問題に取り組みながら、左腕の時計を確認した。

あと3分…… いや、せめて2分……。

平静を装ってチェックしながら、服の中にはじっとりと嫌な汗をかいていた。

タイムリミットが迫っていた。

心臓がバクバク鳴っている。
隣に音が聞こえないかと心配になった。

その時、奥の椅子で何か読んでいた彼女が顔をあげて時計を見た。

もうダメだ、“終了”を告げられる!

と思ったその時、やっと会計が済んで店の外に出ることができた。

まさか、ここに妻がいるなんて。

こんな店に女連れでいるところを嫉妬深い妻に見つかったら、
夫婦生活は終了だし、女には妻がいることを教えていない。

会計の遅い店員にはイラついたが、
とにかく、間にあって良かった……。

Happyの予感, ショートストーリー, バレンタインデー, 恋するキモチ

「私が20代の頃は……」

無意識のうちにそんなフレーズが出るのは、歳をとった証拠だと分かっている。
それなのに、ふと気づくとまた、そんなことを考えていた。

その頃、世の中はバブル景気に沸いていて、
名門女子大の学生だった私たちは、ずいぶんちやほやされたものだ。

電話一本で迎えに来てくれる男友達や食事を奢ってくれる男友達がいるのは当然で、
ゴルフをやってみたいと言ったら、ゴルフセット一式をプレゼントしてくれた男友達までいた。

でも、それは、私が特別だったわけじゃなく、単にそういう時代だったから。

それに引き替え、今はなんて……

視線を投げた机の上には、若い男とのツーショット写真。

半年前から付き合っている一回り年下の彼は、
2年前に大学を出て、就職できないままフリーターをしている。

当然、私を迎えにくる車もなければ、食事に連れて行ってくれるお金もない。

まして、ゴルフなんて、この先一生行けないかもしれない。

それでも、惚れた弱み、年上の哀しさで、私は電車で彼のアパートに通い、
毎晩夕食を作って、バイトから戻る彼を待っている。

今日は2月14日。
世の中はバレンタインデーで、私にとってはバースデイ。

20年前の今頃は、都内のホテルのスイートルームで、
恋人とザッハトルテを食べながら、モエ・エ・シャンドンを飲んでたっけ。

窓から見下ろした夜景が、本当に綺麗だった。
今となっては夢のようにスイートな思い出だ。

彼はここのところ毎日帰りが遅いし、週末も休んでいない。

今夜も遅くなるのだろうか?

「先輩が怪我をしたから、代わりにシフトに入ってるんだよ」
そう言っていたけれど、本当かどうかわからない。

「私が20代の頃は……」なんていう話ばかりする年増の女は、
もうすぐ振られるのかもしれない。

なんだか悲しくなってきて、涙がこぼれそうになったとき、
玄関のドアが勢いよく開いた。

「待たせてごめんな! 一緒に行きたいところがあるんだ」

靴を脱ぎながらそう言うと、急いで私に支度させ、
手を引いて表に出ると、待っていたタクシーに乗せた。

彼とタクシーに乗るなんて、初めてのことだ。

「どこへ行くの?」と訊いても、「着いたらわかるよ」と答える彼は、
昨夜もロクに寝ていないはずなのに、なぜか、とても楽しげだ。

タクシーが着いた場所はあまりにも意外なところで、
私は彼に促されるまま、次の乗り物に乗った。

3分後、私たちは、東京の夜景を見下ろしていた。

「何とかっていうホテルのスイートルームより高いところから
東京の夜景を見せたかったんだ」

彼が毎日深夜まで、休みも取らずに働いていたのは、
私をここに連れてくるためだったのだ。

私は彼にあげるために用意していた包みを開いて、
3つ入ったチョコレートの1つを取って彼に渡した

チョコとチョコで乾杯をして、ふたり同時に口に入れると
チョコレートの甘みと洋酒の香りが口の中に広がった。

最後のひとつを口にくわえて彼の方に差し出すと、
反対側からパクリとかじって、とろけ出る洋酒をこぼさないように
唇をしっかり合わせたままで、甘い舌を絡めあった。

明日からはまたボロアパートで、彼の帰りを待つことになるだろう。
でも、もう、昔を懐かしんだりしない。

だって、今ふたりで見ているこの夜景が、
これまでで最高にスイートな思い出になったのだから。

ショートストーリー, 怖い話

ラベンダーの香りのする湯船に浸かって、浮腫んだ足をマッサージしていると、
細く開けたバスルームの窓から、踏み切りを通過する電車の音が聞こえてきた。

沙代子は、もう十数分もすれば帰宅するであろう夫の顔を思い浮かべた。

沙代子の住むマンションは、電車の駅から徒歩5分の場所にある。
共働きのため、広さよりも利便性を優先した選択は間違っていなかったと思う。

いつも忙しい夫は、最終電車で帰ってくることが多く、沙代子はよくバスルームで夫を迎えた。

沙代子の名を呼びながら、ただいまよりも先にバスルームのドアを開ける夫は、
シャンプーをしている後姿が無防備で色っぽいなどと毎回沙代子をからかった。

泡だらけの髪にシャワーをあて、沙代子が目をつむったまま「お帰り」と言うと、
夫はようやくドアを閉めた。

沙代子がシャンプーを終えて、バスルームから出ようとする時、
ちょうど服を脱ぎ終えた夫が、沙代子をもう一度バスルームに押し戻すことも少なくなかった。

新婚というには無理がある年月を一緒に暮らしていた沙代子たちだったが、
子供がなく共働きのせいか、いつまでも恋人同士のような雰囲気があった。

バスルームで聞く踏切の音は、いつしか夫の帰宅を告げる時報のようになっていたので、
それを聞き逃さないように、沙代子はいつも窓を少しだけ開けて入浴するようにしていた。

今夜も沙代子が窓を細く開けて入浴していると、踏み切りの音が聞こえてきた。

いつものようにシャンプーを始めた頃、背後に人の気配を感じ、沙代子と呼ぶ声が聞こえた。

あっ……!!

沙代子は夫が何か軽口を叩くのを待っていたが、今夜の夫は珍しく何も言わない。

仕方がないのでお帰りと言おうとした時、夫がわっと泣き出した。

夫の泣き声に目を開けた沙代子は、自分が夫と自分を上から見下ろしていることに気づいた。

……!

あの時、シャンプーをしている沙代子の背後にいたのは、
ドアを開けた夫ではなく、窓から侵入した見知らぬ男だったのだ。

2階だからと安心して窓を開けていた沙代子の浴室を、
いつも窺っていた男がいたことに、沙代子は気づいていなかった。

無防備な姿のまま犠牲になってしまった沙代子を抱いて、
いつまでも泣き続ける夫を、沙代子はぼんやりと見下ろすことしかできなかった。

***********

「ねえ、あなた、ここに決めましょう!」

「そうだな、この立地条件なら中古でも悪くないな」

「最寄の私鉄駅は去年から高架上になりまして、
踏み切りによる渋滞もありませんので、お車での通勤でも大丈夫です。
お客様、こんなお値打ちな物件、他には絶対にありませんよ。
是非、お決めになってください」

「よし、ここに決めよう」

「ありがとうございます!それではさっそくこちらでお手続きを……」

***********

「あら?」

新居で過ごす最初の夜、令子が湯船に浸かりながら、夜風を入れようと浴室のルーバーを開けると、
どこからともなく踏み切りの鳴る音が聞こえてきた。

気にせずシャンプーを始めたが、音はまだ続いていた。

「ねえ、あなた!」

令子は気になって夫をバスルームに呼んだが、夫は、
「気のせいだろう、この近くには踏み切りなんてないからね」と軽く受け流し、
「それより、お前、シャンプーしている後ろ姿がなんだか色っぽいな」と令子をからかった。

「やあねぇ」と照れながらも、令子はまんざらでもなかった。

そんな二人を、じっと窺っている目があることに、二人は気づいていなかった。

シャワーの音と二人の話し声にかき消されてはいたが、
浴室にはまだ小さく踏み切りの音が鳴り続けていた。

ブログ

昨日の夜、ふと思いついて、「Instagram」を始めました。

今頃?!と言われてしまいそうですが、スマートフォンよりPC派の私にとって、
スマホアプリのInstagramは若干敷居がたかかったんですよね。^^;

ところが、Googleクロームのデベロッパーツール機能を使えば、
PCからも簡単にInstagramに画像投稿できることを知って、遅馳せながら、インスタユーザーになりました。

Instagramでは、娘が高校生時代に作っていたキャラ弁だけを投稿しています。

 

フォローしたのは娘(投稿数0)だけですが(笑)、ハッシュタグというのを使ってみたら、
「いいね!」やコメントがいただけた上、一晩で16人もの方にフォローしていただけました。

ありがとうございます!

毎日2つずつ投稿したとしても、3か月分くらいの画像はあります。
投稿する画像がなくなったら、今度は娘でなく、夫用のオトナのキャラ弁を作ってみるのも面白いかも?
なんて考えています。

よろしければ、キャラ弁Instagramもぜひご覧ください♪