連休は田舎で

ショートストーリー 連休は田舎で

「スズキさん、お疲れ様です!」

エレベーターに乗り合わせた後輩が、明るい声で挨拶をする。

「ああ、お疲れ様 」

「明日から連休ですね。スズキさんはどこかに行かれますか?」

何となくウキウキとした調子で後輩が尋ねる。

先月子供が生まれたばかりの彼は、連休が待ち遠しかったに違いない。

「実は……田舎で畑仕事をしようかと思ってるんだ」

「……い、田舎ですか!?」

後輩が驚いて次の言葉が出なくなっている間に、
エレベーターは、1階に到着してしまった。

**********

「……なんて言うのよ、困っちゃった!フフフ」

おしゃべり好きなママ友との電話に疲れてきて、
そろそろ切りたいなと思っていると、彼女がふいに話題を変えた。

「あ、そういえば、スズキさん、
明日からの連休、何かご予定はある?」

最近買った高価な絵を買ったらしい彼女は、
私を自宅に招いて見せたいのかもしれない。

「実はね……田舎で子供に川遊びをさせる予定なの」

「えっ!?……」

電話の向こうで息を飲む音が聞こえて、
しばらく沈黙したかと思うと、

「あ、えっと……夫が帰ってきたみたい。
それじゃ、またね」

そう言って、そそくさと電話を切ってしまった。

想像もできなかった答えに、話をどう続ければいいのか
わからなくなったのだろう。

彼女の反応も無理はない。

私たちだって、田舎に出かける幸運を未だに信じられないのだから。

地上の99%が中央制御された人工都市になっている今、
本物の土と川がある「田舎」は、わずかに残された地上の楽園だ。

田舎では、畑という土の中にある“野菜”を手で掘り出して食べたり、
透明な冷たい水が流れる“川”に入って遊んだりできるという。

まるで夢のような場所だ。

そして、そんな田舎で連休を過ごせるのは、
相当なお金持ちか、大成功した有名人か、
私たちのように、宝くじで入場券を手にした人だけなのだから。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。

関連記事

  1. ショートストーリー ターコイズブルー

    ターコイズブルー

  2. クリスマスプレゼント

    クリスマスプレゼント

  3. ショートストーリー ゴーストライター

    ゴーストライター

  4. ショートストーリー サンタクロース

    サンタクロース

  5. ショートストーリー「もしも、僕が……」

    もしも、僕が……

  6. 恋心

  7. ショートストーリー「さよならの向こう側」

    さよならの向こう側

  8. 大嫌いなもの

    大嫌いなもの

  9. ショートストーリー「ズレる」

    ズレる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP