読み切りショートストーリーとエッセイを楽しむWebマガジン

  1. ショートストーリー

スイートな思い出

「私が20代の頃は……」

無意識のうちにそんなフレーズが出るのは、歳をとった証拠だと分かっている。
それなのに、ふと気づくとまた、そんなことを考えていた。

その頃、世の中はバブル景気に沸いていて、
名門女子大の学生だった私たちは、ずいぶんちやほやされたものだ。

電話一本で迎えに来てくれる男友達や食事を奢ってくれる男友達がいるのは当然で、
ゴルフをやってみたいと言ったら、ゴルフセット一式をプレゼントしてくれた男友達までいた。

でも、それは、私が特別だったわけじゃなく、単にそういう時代だったから。

それに引き替え、今はなんて……

視線を投げた机の上には、若い男とのツーショット写真。

半年前から付き合っている一回り年下の彼は、
2年前に大学を出て、就職できないままフリーターをしている。

当然、私を迎えにくる車もなければ、食事に連れて行ってくれるお金もない。

まして、ゴルフなんて、この先一生行けないかもしれない。

それでも、惚れた弱み、年上の哀しさで、私は電車で彼のアパートに通い、
毎晩夕食を作って、バイトから戻る彼を待っている。

今日は2月14日。
世の中はバレンタインデーで、私にとってはバースデイ。

20年前の今頃は、都内のホテルのスイートルームで、
恋人とザッハトルテを食べながら、モエ・エ・シャンドンを飲んでたっけ。

窓から見下ろした夜景が、本当に綺麗だった。
今となっては夢のようにスイートな思い出だ。

彼はここのところ毎日帰りが遅いし、週末も休んでいない。

今夜も遅くなるのだろうか?

「先輩が怪我をしたから、代わりにシフトに入ってるんだよ」
そう言っていたけれど、本当かどうかわからない。

「私が20代の頃は……」なんていう話ばかりする年増の女は、
もうすぐ振られるのかもしれない。

なんだか悲しくなってきて、涙がこぼれそうになったとき、
玄関のドアが勢いよく開いた。

「待たせてごめんな! 一緒に行きたいところがあるんだ」

靴を脱ぎながらそう言うと、急いで私に支度させ、
手を引いて表に出ると、待っていたタクシーに乗せた。

彼とタクシーに乗るなんて、初めてのことだ。

「どこへ行くの?」と訊いても、「着いたらわかるよ」と答える彼は、
昨夜もロクに寝ていないはずなのに、なぜか、とても楽しげだ。

タクシーが着いた場所はあまりにも意外なところで、
私は彼に促されるまま、次の乗り物に乗った。

3分後、私たちは、東京の夜景を見下ろしていた。

「何とかっていうホテルのスイートルームより高いところから
東京の夜景を見せたかったんだ」

彼が毎日深夜まで、休みも取らずに働いていたのは、
私をここに連れてくるためだったのだ。

私は彼にあげるために用意していた包みを開いて、
3つ入ったチョコレートの1つを取って彼に渡した

チョコとチョコで乾杯をして、ふたり同時に口に入れると
チョコレートの甘みと洋酒の香りが口の中に広がった。

最後のひとつを口にくわえて彼の方に差し出すと、
反対側からパクリとかじって、とろけ出る洋酒をこぼさないように
唇をしっかり合わせたままで、甘い舌を絡めあった。

明日からはまたボロアパートで、彼の帰りを待つことになるだろう。
でも、もう、昔を懐かしんだりしない。

だって、今ふたりで見ているこの夜景が、
これまでで最高にスイートな思い出になったのだから。

こちらの記事もいかがですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。