フォローする

カテゴリー

想像する女

2018/01/15

黙ったまま窓の外を見ていた彼が、
冷めたコーヒーを飲み干して、意を決したように口を開いた。

「ごめん、俺たちもう別れよう」

想像通りだ。

彼が親友の亜矢とこっそり会っていることは、
少し前から知っていた。

でも、彼に問いただす勇気はなかったし、
別れを覚悟する時間が欲しかったから、気づかないふりをしていた。

頭の中で何度も終わりの瞬間を想像して、
心を落ちつける練習をした。

「わかったわ。今までありがとう」

予定通りの台詞を言って、伝票を持って席を立った。

大丈夫、泣かないでいられる。

悪い未来を想像して、その時に備えるようになったのは
いつ頃からだったろう?

はじめての海外旅行では、天候不順で飛行機が飛ばないことや、
旅先での盗難や、パスポートの紛失を想像したし、
派遣会社で働き始めたときには、
上司に酷く叱られることや、契約打ち切りを想像した。

彼と付き合い始めると、デートの度にあらゆる失敗を想像し、
ケンカや浮気も想像して、万一の時に備えてきた。

旅行の日、飛行機は無事飛んだけれど、現地はずっと雨で、
派遣先の厳しい上司には、毎日のように叱られている。

そして今日は、彼に別れを告げられてしまった。

それでも前もって想像しておいたおかげで、
耐えることができたのだと思う。

これから起こりそうな悪いできごとも、前もって想像して
しっかり覚悟しておけば、なんとか乗り切れるはずだ。

失恋の後で起こりうる悪いことは……

早速想像しようとして、いつもと感じが違うことに気づいた。

悪いできごとが全く想像できないのだ。

いつもならばいくらでも湧いてくるはずの悪い想像が、
なぜだか1つも思い浮かばない。

目を閉じてもう一度考えてみたが、やっぱり1つも出てこない。

この先起こりうる悪いできごとは……

<そんな想像しなくていいよ>

突然そう声がした。

はっと辺りを見回したが、声の主らしい人はいない。

深呼吸で心を落ち着けて、再び悪い想像をしようとすると……

<だから、そんな想像しなくていいんだってば!>

さっきよりも大きな声がした。

<しばらくつまらない想像はできないようにしておいたから。
人生は何が起こるかわからないから楽しいんだよ。
そりゃ悪いことだって起こるけど、
良いことだってたくさん起こるってことを忘れないで!>

声はそれきり聞こえなくなったが、
悪いできごとはその後もなぜか全く想像できなかった。

3ヶ月後、彼と最後に会ったカフェに1人で行くと、
店員に携帯番号を渡されて告白された。

彼と一緒に通っていた私をずっと見ていてくれたらしい。

派遣契約の更新時期に、あの厳しい上司から、
正社員にならないかと打診された。

早くも彼と別れたという亜矢から、
ゆっくり話して謝りたいからと、温泉旅行に誘われた。

別れた彼よりずっとイケメンなカフェの彼と付き合いだし、
正社員として働きはじめ、
温泉旅行の出発日が近づいてきても、
もう、悪いできごとを想像することはない。

人生は何が起こるかわからないから面白いのだし、
悪いことが起こることもあるけれど、
良いことだってたくさん起こるとわかったから。

あの日の声の主はもしかしたら、
悪い想像ばかりする私の中に隠れていた
ポジティブなもう一人の私だったのかもしれない。


このショートストーリーは、大阪の時計店【ウオッチコレ】メールマガジン『ブリリアントタイム』に掲載されています。