読み切りストーリーとエッセイを楽しむWebマガジン

Short Story

ラベンダーの香りのする湯船に浸かって、浮腫んだ足をマッサージしていると、 細く開

女優

白い便箋の文字を見詰めてたまま、希代子は身じろぎも出来ずに立ち尽くしていた。 長

「はやくおいで……」 彼が呼びかけたような気がしたのは、発車のベルの中で聞いた空